FC2ブログ
色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
節々、節くれ、新しい芽
2008年 04月 04日 (金) 00:11 | 編集
桜の花びらが綺麗に地面を多い尽くしていたので
それらをそっと両手ですくい

パーッと宙に放ってみる
静かに掌からこぼしてみる
くるくる回りながら螺旋状に降らせてみる

桜の香がした
ほんのりと



碧の岩をすべるように流れ落ちるつららを
藍の砂を落とすようにはらはら舞う沈丁花
紅の葉を宙に飛ぶように放る向日葵の茎

選んだ全て私の血となり肉となり骨となる
見た全てが私の皮となり毛となり爪となる
聴いた全て私の目となり耳となり口となる
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...