FC2ブログ
色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
フェノミナン
2008年 04月 01日 (火) 00:56 | 編集
コンセント (幻冬舎文庫)
コンセント (幻冬舎文庫)田口 ランディ

おすすめ平均
starsコンセント
stars魂が感じられない
starsわかる人にはわかる
starsカウンセリングへの道
starsいまの日本の潜在意識を顕現した小説なのか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まずはここから。以前読んだのは富士山だったかな。こうやってプロフを見てみると小説家って元は何でもいいんだね。書く気とやる気と少しのセンス、というかめぐり合わせ?
メンタル系といったらいいのかこの後も特に分裂病にこだわりがある。

心理からきたのかな……私にはこのカウンセリング系とかの描写はいまいちピンとこないのでそういうものなのか、物語だから、と読み進めているけど物語はどこかしら現実をもとに切り貼りしたコラージュだから全く違うわけでもないのかも。
アンテナ (幻冬舎文庫)
アンテナ (幻冬舎文庫)田口 ランディ

おすすめ平均
starsうーん…
starsアンテナ
starsなんともいえない不思議さ
stars結局
stars妹は?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

モザイク (幻冬舎文庫)
モザイク (幻冬舎文庫)田口 ランディ

おすすめ平均
starsなんとも・・・
stars前2作に比べると著しく劣る
stars世界の枠
stars自分的田口ランディの評価は
stars三部作ということで

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


扱っている題材から、好みがはげしくわかれそう。一見すると癒しがテーマと思えるけれど、欲の自覚、特に性欲に対する神聖化は言いすぎか、嫌悪するなありのままをみよ、感じよ、捉えよ、って感じかなぁ。表現するのは難しいなぁ。
閉ざされた場所からの解放、縛られたものからの解放、そんなものがうねうねとメンタル系の皮をかぶって突きつけられているのかしら?
Comment
この記事へのコメント
この三部作は、
攻殻機動隊のコミックと、少し似てる。
あるいは、村上春樹のネジまき鳥、海辺のカフカあたりとも通じるものがある。

要はいろんなものが最後はカオスとフラクタルに繋がってるんだと思う。
メタ視点とでも呼べばいいのかな。
要素をバラ撒いて、それらを螺旋的に結びつけながら、読者をひとつの回答に導いていく手法なんじゃないかな。
いとうせいこうの「ノーライフキング」がずいぶん昔に映画化されてるんだけど、あれ観たときにも似たような感想をもった。

入り口はどこでもよくて、得られる答えがひとつに決まっている。
やりかたは推理小説に似てる。
ただ、「犯人」のかわりに「世界の真理」みたいなのがくる。

それが自分の答えと違っている、あるいは答えを求めない人にとっては、あんまり面白くないかも。
2008/ 04/ 01 (火) 16: 11: 46 | URL | maya # -[ 編集 ]
古川日出男
私は13やサウンドトラックに通じるものが、と思ってました。攻殻のコミックはちらっとしか見たこと無いので分かりませんが、ネジまきやカフカもなるほど~、と思います。

私もほぼ似たような感想を持っていますが、少しだけ違うかな。入り口は一つで、得られる答えが不定。一応示されるのだけれど、推理小説で言えば、「犯人」が分かったようででもよく考えたらコレコレって条件で不可能なのでは?…本当の犯人は?と終わってしまう感じ。物語としての終わりが示されているんだけど、それがそのまま答えとは限らないといったらいいのか……
最後に突きつけられるのが「犯人」ならぬ「自分がとらえる世界(の真実)」で、それを受け入れられないと拒否してしまいそうだな~と思ったのです。

受容と回帰、短くそれだけを印象に残し、だから「表裏一体ではではなく同一」だと思ったのです。
2008/ 04/ 03 (木) 01: 16: 03 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
(゜ω゜)
古川日出男って読んだことない。
おもしろそう。
「アラビアの夜の種族」ってタイトルを図書館で見た覚えがあるから、こんど借りてきて読もうっと。

「それがそのまま答えとは限らない」
この感想が、感覚的には一番多そうな気ガス。

そうか、入り口は逆にひとつに感じるんだ・・・「コンセント」は映画化されてるらしいけどまだ観てない。観てみたい。
2008/ 04/ 03 (木) 22: 52: 34 | URL | maya # -[ 編集 ]
いくつモノ影響
ノーライフキング見たこと無い。というかこの言葉は直接アーカードを思い浮かべてしまいます。

アラビアはファンタジー?ですかね。私は面白いと思いました。というか面白いと思わない本のほうが少ないです。友達に恵まれています(たいてい紹介なので)。

コンセントの映画版……日本人的にはアンテナのほうがウケがよさそうです。
2008/ 04/ 07 (月) 00: 33: 09 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...