色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロソフトSkyDriveとgoogleドキュメント
2008年 03月 03日 (月) 00:12 | 編集
ノートPCの設定がほとんど終わり、クリーンインストール状態にセット。ココから必要なアプリをインストールするのですが、HDDが20GBしかなくメモリも300MBちょっと。用途を限定してあまり重くならないようにすることに。

そうなると。、AdobeReaderはインストール対象からはずれて、代わりにFoxit Readerに。新しいバージョンからは日本語化されているので(一部英語のままだけど問題なし)インストールも簡単。日本語フォントも初回利用時にインストールされます。
次はオフィスアプリ。Office2003を入れても良いのだけれど、確実に重くなるし、HDDを圧迫する。必要なものを選んだとしても苦しい。これを機会にフリーのOfficeスイートを試そうかと思ったけど、動作が遅そくなりそうだし…ライセンス料がかからないのは良いのだけれど。

そこでオンラインで使うタイプのアプリケーションを中心に使うことに。組み合わせは、
Windows Live SkyDrive
Googleドキュメント
この二つ。これでHDDを圧迫しなくてもすみ、どこでも使えて編集もOK。

早速使ってみましたが、思ったより使えます。Googleドキュメント。ワードの編集も出来てとても便利。ただ表の作り方がわからない(罫線の引き方が)。メニューになさそうなので出来ないのかな?
スプレッドシートもちゃんと使えてます。一定時間ごとに自動的に保存してくれるし、結構便利。

SkyDriveはものすごく便利です。アップロードするファイルも一個一個登録する方法だけではなく、一気にどーんと選択できて保存できます(1ファイル50MBまで)。凄い快適。文章やら画像やらを登録しても5GBも容量があるので余裕。

これからはWEBアプリの時代といわれ続けて、それを試す機会はありませんでしたがローカルにインストールしたのと同じ程度の快適さで使えるのはあと少しで実現しそう。今でも簡単な用途には使えるし、おそらく機能的には80%の人が満足して使えると思う。

ちなみにどちらのサービスも日本語OK。日本語ファイル名もOK。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。