色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついたら3月なので
2008年 03月 01日 (土) 21:38 | 編集
Windowsを再インストールしてみた。

こうやってWindowsを使ってみると、色々言われていても結局これに落ち着いてしまう。
GUIで使うことを考えるとやっぱり違うな~と思ってしまう。

そんなWindowsXPだけど、インストール後のパッチの数には驚かされる。
最初に入れたのは無印XPなのでsp2にしようかと思っていたら、どうやらsp1が選べるらしい。
てっきりsp1はもうなくなっていて、sp2しか提供していないと勘違いしていたらしい。正しくは、最新のパッチはsp2で提供します、って事なんですね。

無印XPはLunaなどの視覚効果を外すだけでかなり軽い。このまま使ってしまおうかと思ったけれど、イチジクを一個食べる間にsp2にすることに思い直す。最初の頃のWindowsXPってこんなのだったんだ……98から2000、そしてXP、Vistaと使ってきて、OSは変わってきているようで変わっていない。違うか、OSは変わっているけれど、使い方が変わっていない。新しい事ができるようで出来ていない。結局、持つものや、周りが変わっても自身が変わっていかなければ変化というのはそう簡単におこらないのかも。それでも変化することを恐れたり、変わらないよさを再認識したりと忙しない。

結局私は何がしたいのだろう、なにがやりたいのだろう、そんなことをウンウンと考えて考えて、考え疲れて眠ってしまって、起きたらいったい何を悩んでいたのか忘れてしまう。前に進むことの無い足踏みをずっと繰り返してなぜ飽きないんだろう。


で、結論はsp2のインストールに(正確にはsp2以降のパッチ適用に)失敗した。また最初からインストールやり直しか……
リカバリするとFAT32だなんてさすが無印は違う。
Comment
この記事へのコメント
結構優秀
Microsoft Updateってかなり賢くなったのか、失敗したところをきちんと把握して直して続きからインストールできた~。

そして、念願のIE7でタブが使えるように!3台目にしてようやくXPでまともに動いた……さてあと少し調整してこれをサブのPCとして使おう。
2008/ 03/ 02 (日) 19: 01: 58 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。