色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
われ目指すはただ徳の示すままに
2008年 01月 30日 (水) 00:32 | 編集
武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える 知的生きかた文庫
武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える   知的生きかた文庫新渡戸 稲造 奈良本 辰也

おすすめ平均
stars明治に書かれた日本人論
stars読みやすいです
stars武勇と文徳の教訓
stars「武士道」の分かりやすい現代翻訳
stars武士道〜その時代だからこその武士道論

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この一週間でちょこちょこと読み薦めていた本。読んだのはこれが初めてで、正直イメージ宮本武蔵みたいなことが書いてあるのかとずっと思っていました。立派な哲学、人文系なんですね。新渡戸稲造が書いたというのも知らなくて(新渡戸さんは何をした人なのかとずっと思っていました)、世間知らずというかほよよんとしているというか、ちょっと再教育が必要みたいですね。

武士道といわれているものが様々な思想や、道徳概念から引継ぎ、日本の文化・歴史の中で成熟していく様が大変よく分かりました。一歩間違えば危険ですが、この精神は高潔であることを課しているので政治家で武士道なら最高の取り合わせだと思うのは早計でしょうか。
私自身も今の世情に合わせて上手くこの考えを取り入れることが出来たなら、どこを歩いても背筋を伸ばして生きていける気がします。

とは言いつつも今の世の中「覚悟」というものを鍛えることが難しいため、とても苦労するわけです。お金には全く関せずという考えも少し以外だったこの本は内容の豊富さからかスラスラと読めました。古今東西の哲学者や学者の名前とその言葉は分からないものも多くありました。一月も終わる頃に読み終えてよかったよ。
Comment
この記事へのコメント
5千円札の
新渡戸さんがエスペランティストだったというのも、この本を読んで初めて知ったのでした。
2008/ 01/ 30 (水) 18: 34: 32 | URL | maya # -[ 編集 ]
エスペラント
懐かしい響き。医専で講義あったよね。
こういうのを知ってから5千円札をあらためてみるとまた違った印象を受けるんだろうな。今はないから確認出来ないけど。
2008/ 02/ 01 (金) 07: 04: 35 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。