色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難しいよねぇ
2008年 01月 24日 (木) 22:08 | 編集
何かを変えようと今までと違ったことをしようとしてもなかなか上手くいかない。一度落ち着くと変化を嫌がるのが普通らしいけど、それも何だかなぁと思ってしまう。

で、今日は綺麗な月が見えると確信して道を歩くこと数分、期待通りの空と月。見とれて歩いたらいつの間にか道を横断していて、人にぶつかりそうになった。
人は月を見るために巧く出来ていない。太陽は目が潰れるからと見ない習慣はあっても月にはない。仰向けでいられたらずっと月を眺めていられるのだろうか?こんな無防備でいられる場所はあるのだろうか。

今日はとても良く冷えている。冷蔵庫がいらない程に。最近成り行きで温室効果ガスに取り組む事になり少しだけ勉強した。結局のところそこに利益がないなら動かないというなら、後の代を考えてというのは動機に弱い。ここは一つ、今すると今の自分達にどんな良い事があるのかを中心にした方が良い。誰もがマイナーでありながら中心でいたい世の中だから歓迎されるかもしれない。

なんという善人。

刺激に溢れた世界から帰る途中、この瞬間から私は変わり本当にしたいこと成さねばならぬと感じていることをするんだ、と決意も新たに歩を進める。未来は期待と夢に溢れ余計な物事、些細な事には心を動かさないと決めているのに、部屋に着くと綺麗に霧散してしまう。ここに至ってようやく覚ったのは、帰る場所があるのは私にとって良い結果をもたらさない。流れるままに流れていないと輝けないのか?

同じところにいるのが弊害なら変化すればよい。ただ困ったことに人は変化を嫌うらしい。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。