色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンタクト
2007年 12月 10日 (月) 23:13 | 編集
視力はよくありません。良くなりたいなぁと思っているけど、眼鏡は持ち歩くのが少し面倒で、コンタクトはさらに面倒そうで普段は裸眼。とは言っても眼鏡とコンタクトは一応持っている。

見えないんじゃない?困らない?と聞かれるけど、想像するほどなんにも見えない訳ではないので生きていくぶんには困らない。むしろ見るべきものなんてあんまりないので見えていても見えていなくても変わらない。

そのせいもありほとんど人を覚えない。通り過ぎていくだけの人も多い。

つい最近、一日コンタクトをしてみた。景色を見ている時には綺麗に見えてよいな、と思っていたけど人混みの中は大変です。近くならしなくても見えるから遠くを見る必要がなければいらないのかな。頭が少し痛い。

翌日物凄く目が疲れて痛い。久し振りに入れたコンタクト、一日中は無謀だったみたい。

そんな事になりながらもうちょっと視力をあげたいと思ったのは、ファインダを覗いてピントを合わせるときに苦労しない(というか眼鏡かコンタクトしないと無理)から。マット面のところの見え方が全く違う。こういうのを考えたらAFがいいんだろうなと思う。

ハードは少し違和感があるからソフトにしてみたい気もする…それでコンタクトがないと生活出来ない様になるのは嫌だと思いつつ。
究極的には傍が見えていればそれでいい。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。