色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 11月 17日 (土) 19:42 | 編集
気がついたら急に冷え込んできて暑さになれきってしまった体はキュっと縮こまる。寒いね、もう冬物だけでよさそう。
数学ガール
数学ガール結城 浩

おすすめ平均
starsストーリーの秀逸さだけでなく、教える・教わる事へのヒントがたくさん詰まった書籍
stars思いの因数分解
stars美しい証明のごとく練り上げられた本
stars数学がスキになる本
stars本物の数学に萌える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

秋の夜長はとうに過ぎ、冬の閉ざされた夜が迫る。白い景色の中で見ていたのは明るい月夜とそれに照らされた地上の姿。私は少し曇ったガラスの内側でそれをベッドから眺めていた。自由にならない体、冷えてゆく空気、暖かいお布団、着信を知らせる携帯の明かり、書きかけのメール。
たぶんあれが私の全てだったんだ。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。