色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本棚
2007年 10月 21日 (日) 18:09 | 編集
友人が遊びに来てくれたので部屋に通してチーズを齧りながら懐メロを聴く。

本棚にそれなりに本があって、しかも勉強してそうな内容のものばかりだから「ちゃんと勉強してんだ」といったすぐ後で「…に見えるだけかw」と看破された。一度も開いたことすらない本があるのはお約束で、実際に本を使うときはカバー?が邪魔なのでそれをとっているものが実際に使っている本です。

数冊しかないですね。

最近読んでいるもの。
冬の教室 (徳間デュアル文庫)
冬の教室 (徳間デュアル文庫)大塚 英志

おすすめ平均
stars冬の作品。
stars閉じ込められた冬

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これの完結編みたいのが本屋に出ていてなんとなくタイトルを覚えて借りたもの。
夏の教室
夏の教室大塚 英志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、実際に借りてみると、夏に冬が含まれているので夏だけでもよいみたい。若干登場人物の名前が変わっているけどストーリーに支障は無い(はず)。まだ全部読んでいないためなんともいえませんが。夏のこの絵は旅立ちをイメージできるからというのが表紙になっている理由みたいで、確かに旅立ちとか、旅とかそんな感じ。さっぱりしているところがわりと好みなのでこういう絵は好きかも。
背中に背負った鞄と傘の組み合わせが一番好きです。線路をトコトコと歩いていくのは楽しそうだな。

いつか働く必要も無くなり、でもまだ動くことが出来るのならば、こんな感じで旅に出てみたい。
Comment
この記事へのコメント
んっ?
これは・・・鶴田謙二の絵に似てるなぁ。
2007/ 10/ 22 (月) 00: 40: 59 | URL | maya # -[ 編集 ]
さすが
よくお分かりで。
なんでもおーつかえーじさんは鶴田さんの大ファンなんだそうです。
この人の作品はよいと書いてありました。
2007/ 10/ 22 (月) 07: 22: 56 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
やっぱそうか~
鶴田謙二の漫画は良いですよ~。
こんど会う機会あったら1冊差し上げます。
2007/ 10/ 22 (月) 20: 23: 09 | URL | maya # -[ 編集 ]
ありがとう~
それではその時を楽しみにしながら本を読むことにします。
次はいつくらいかな~?
2007/ 10/ 22 (月) 21: 03: 52 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
そうね~
12月下旬に屋久島あたりへ、とか

・・・やっぱ寒いかなぁ。
2007/ 10/ 24 (水) 20: 20: 44 | URL | maya # -[ 編集 ]
冬ですから
現地の人にとっては寒いかもしれませんが私達にとっては暖かいかも。
今沖縄では気温は29度前後だと言いますし、12月でも案外20度を下回らなかったりして。

屋久島行きたいですね。
予定が合うなら行きますよ。
2007/ 10/ 24 (水) 21: 12: 16 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。