色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れたころに苦痛は訪れる
2007年 09月 05日 (水) 21:58 | 編集
本を読み終わって返しにいったら予約が入ってたのです。
「予約していた本が入っていた」が正しいのですが、いつ予約を入れていたのか覚えていません。でも予約は確かに入っていました。
ZOKUDAM
ZOKUDAM森 博嗣

おすすめ平均
starsまさかの「ZOKU」の続編。 洒落か。 だがしかし・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そろそろ勉強しないと本格的にまずいと思いながら、小包を出す準備をしながら林檎を齧り、そういえばあの人はどこへ行ったのだろう、もう見つかったのだろうか、それとも猫のように静かに死んでいったのかそれすらわかりません。最後まで語られる話は現実にはほとんどないのです。

それだけ終わりがあるものは少ない。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。