色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由にならない
2007年 07月 16日 (月) 09:22 | 編集
人の体は思った以上に自由なものではない。動かせない部分はたくさんあるし、動いているものでも自身の意思で動かすことができないものも多い。

その点、精神(気持ち)はかなり自由があるので考え方や捉え方を訓練すれば比較的楽に色々な事が出来るようになる。

そんな訳で人を形成するとき肉体的側面からと、精神的側面から入るやり方があり、後者は対象を広く取れるのでよく使われる。
効果としては勿論両方からやるのが一番効果が高いのだが、そのバランスが難しい。どちらも正負にかかわらず負荷がかかるので師を仰ぐ場合が多い。一人では試行錯誤が大半でロスが多いから。巨人の肩に乗れるのなら乗った方がよい。

何事もケイゾクしなければ成し得ないものとは限らないが、少なくとも私の望むささやかなモノはケイゾクしなければ駄目らしい。

人生の深き淵、その先に見えるものの趣深さは幾漠か。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。