色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
None But Air
2007年 07月 01日 (日) 19:53 | 編集
車のシートに深く座り、本を片手に持ちシートを傾ける。車内は広いから狭いコクピットの感じは味わえないだろうけれど、それでも椅子に座って読むよりもずっと快適だった。

部屋は空調が効きすぎて体が重い。

ここの空気はこの時期特有の少し湿った暖かさをを持っている。空調が効いているよりこっちのほうがずっと快適だ。


「本を読むと、知らない世界のことなのに、見たこともないものなのにそれらが頭の中に浮かんでくるんです。言葉はいつも映像となって目の前に現れては消えて、その儚い、うまくいえない切なさが胸を締め付けます。」
僕という一人称で淡々と綴られる。そう書いてあったのを思い出した。だからはじめは気がつかない。
ナ・バ・テア
ナ・バ・テア森 博嗣

おすすめ平均
stars特徴的な作風
stars深紅に燃える
stars純粋な視点。
starsスカイ・クロラの前夜
stars今度の装丁は赤い夕焼け

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある人には単調で静か過ぎてつまらないかもしれないし、ほかの本の躍動的なところを好むかもしれない(私はその例として村上春樹をあげるけど、それは単にほかの人を知らないだけ。彼の著作にもまた静かなものはたくさんある。ノルウェイの森なんかだとそんな感じ?)。

同じ静かでも少し違い、うねりのある感情があちらにはあって、こちらにはどこまでも抑制された感情がある。言葉にするには少し難しい。日蝕のような静かな輝きと、星の瞬きみたいなものかな。

多分、私が気に入っているのはこの男女の区別が極めて曖昧な表現をこの作者が好んで(というより意図して)使っているをいうことなんだろう。これは女王の百年密室でもそうだったけれど、ほかの作品でもそうなのだろうか。こういう表紙が綺麗な本はつい手元に置きたくなるのだけれど、いつでも手にすることが出来るなら特に気にしない。だからこれも図書館です。


むしろ買わなければ手に入らないのはこっち(5巻が出ていますが、やはり特別版は入手が難しくなっている様子です。すでにこの4巻同様、定価以上の価格でオークションでは出回っているようです。おまけのストラップだけというのもあります。こういうのはコレクション性が高いから需要があれば供給もということなんでしょう)。
もやしもん 5 おまけ付き―TALES OF AGRICULTURE (5)
もやしもん 5 おまけ付き―TALES OF AGRICULTURE (5)石川 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もやしもん(4) 限定版
もやしもん(4) 限定版石川 雅之

おすすめ平均
starsちっちゃい太陽
starsたまたま
stars意外と
stars純粋に評価すると…
stars普通に本屋で買いました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


探せばまだ本屋に普通においてあるような気がしますが、すでに発表があったようにアニメ化でだいぶ知名度が上がり、人気も(既に)出ているので難しいかな・・・


ところで、ポール・オースターについて。
ムーン・パレス
ムーン・パレスポール・オースター 柴田 元幸 Paul Auster

おすすめ平均
starsポール・オースターが好きになった本
stars良い作品
stars誰もたどりついたことのない場所へ
stars全てが繋がり、関係し合い、回帰する
stars世界が広がる、遠くが見える。ヒロインがかわいい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冬のある日(か、秋のある日、または初春のある日)に友人に薦められ読んだことを思い出した。そのころまだ友人はつくばに住んでおり、そこに転がり込むように入り込み「少しだけ」とか言いながら結局一週間近く居候していたあの日を思い出した。あぁ、もうあれから一年以上も経つなんて。それでも懐かしさより先にその空気とか、雰囲気が先に出たり、あの部屋での飲み会やら、七輪やらがとても鮮明で私は時々自分の立ち位置がわからなくなります。
その人面白そうだから一度話して見たいな。きっと楽しい人に違いない。
Comment
この記事へのコメント
買ったよー
ストラップいま携帯につけてます!
私的には、かなり良い出来。
普通に本屋で買えましたぞ。
2007/ 07/ 02 (月) 20: 18: 45 | URL | maya # -[ 編集 ]
うが。
買えましたか~。
ストラップいいですよね、ほしいですよね(真面目にほしい)。今日は寄った本屋が閉まっていて見る事すら出来てません。23時頃に開いている本屋をプリーズ♪

ストラップだけとか・・・置いてないか。お昼とかにコソーリ抜け出して買いにいけないかな?あそこら辺なら売っている気がするんだけど、逆にない?

駅前の本屋はすぐに閉まって開いているのを見た事があまりない。ここなら売っているかもw

出不精だからその辺をクリアしてなおかつ購入意欲を高めないと・・・Amazonでポチればいいのか。ってもう転売しかないし↓あの高騰ぶりはなんなんだ・・・
2007/ 07/ 02 (月) 23: 46: 51 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
どこだっけな
千葉のあたりにビレッジヴァンガードの異様に大きい店があって、そこならストラップだけ買えるかもしれない

私は前回のやつが欲しい!
まだそれが本屋で売っていた頃には、もやしもんを知らなかったんだ!
2007/ 07/ 03 (火) 23: 08: 11 | URL | maya # -[ 編集 ]
あ~、前回の奴ですね・・・
バリバリ知ってましたけど、余裕でスルーしてました(笑)ダメじゃん。本買う習慣なくて、いつも「あ~出たんだな~」と思うだけ。

前回の奴はいいですよ~。オリゼーだけじゃないですよ~。実物見たらほしくなりますよ~。もちろん保存用と読むようで最低二冊は買わないとってこなt(ry・・・ってました。

ストラップは不可抗力?により手に入れましたが、梱包あける度胸がないので千葉のビレッジ行ってみようかな。
これからも本屋めぐりはするので4巻はもし(仮にも)みつかったら、mayaさんの分も確保してみましょうか?かなり望み薄だけど。

私はもやしもんを秋田でかもされしりました!その時は3巻でした!
じゃあ、四巻買えってのw
2007/ 07/ 04 (水) 00: 00: 35 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。