FC2ブログ
色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スイカと雷雨
2013年 07月 28日 (日) 01:32 | 編集
昨年は食べられなかったスイカを食べた。


遠くでは雷雨が降っていると知らせが入る。

何か大きなうねりがあるような空気の流れに、全てが飲み込まれて撹拌され、気がつけば口には重い鍵がついている。


スイカがその理由を知っている。
割られるのを待っている、赤い中身を想像して。
スポンサーサイト



copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...