色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
分岐点
2012年 05月 11日 (金) 16:41 | 編集
明確な境目もなく
突然それはやってきて
宣託された

みよ、いま目の前に別れがやってきて、大きな手がお前の口を塞ぐだろう。

みよ、大きな流れが意思とは関係なく別れを告げる。


大きな大きな節目が目の前で橋をかけている


渡りますか?
渡りませんか?


進む事を選んでも
とどまる事を選んでも
ただただ涙を流すばかり


離れた手を見て
どうしてこの手は何もつかめなかったのか
それだけが飴となって喉に残っている
五月です
2012年 05月 02日 (水) 03:38 | 編集
そろりそろりと筑波にも戻って行こうと思います。

懐かしの都へ。
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...