色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
本当になんでもないこと
2008年 05月 31日 (土) 22:55 | 編集
wikipediaで自分の誕生日を調べると意外と面白い。
ヒジュラ暦か~。
リンクの整理とそれとこれ
2008年 05月 31日 (土) 21:35 | 編集
リンクを少し直しました。

登さんはソフトイーサで有名で今はPacketiXやってますね。どんな人かはよくわからないのですが、様々な活動をしているようです。すごい。良くこれだけ時間がとれるものです。
印象としては同じ講義を受けたときにノートPCを持ち込んでタタタタとやっていたのしか覚えてます(日本語変)。最初はソフトイーサの人だとはわからなかったのですが、少し後に知ってその後姿を斜め後ろから見ながら、「あれは講義を受けているふりをしてソフトの開発をやっているに違いない」と勝手に思っていました。本当のところはどうかはわかりませんが、議事やノートをPCで取れる人が少しだけうらやましいです。

わたしは本人の意思とは関係なく情報系に浸っているのでいまだにタイピングの速度が遅いんですよ。キーボード見ながら打っていますし。このブログを始める前もさんざん言われてましたが、HP持ってないの?ときかれました……そんなに情報系に見えるのかと思ったらそうでもないみたい。「よくわかんないけど」PCのことを知っていそうなので、ということらしい。

そんなわけで専攻をしょっちゅう間違えられたり、何が専門なのか疑問視されます。
どーでもいいじゃん、専門なんて。別に専門だから詳しいとは限らないし、詳しいことが専門とも限らない。って私ってば何が出来るんだろう?やろうと思ってもやらず、やれといわれてやり始めればそこそこ出来るようになって、でも続かなくてポイしてしまう。集中力の問題ではなく、もっともっと世界と向き合うことなんだと思う……けどそれが出来ない。自然でいようとすると現実から乖離し、不自然でいようとすると社会から乖離する。何も考えていないときが一番自然だけど、そのときは何も考えてないし、多分思いも、記憶(すること)もないので自然な時がわからない。

本職は数学ですが(だからといって何もできない。成績の悪い生徒です)、書道をやりながら美術部でピアノをやっていました。

これらはすべては私の中で同じものです。

それで今は情報系になるのかと思いつつ、綺麗なほうがいいと考えている私にはさてどうしようか。デジタルカメラなんかは情報系なんだと思う。ビットで画は考えられないけれど、画からビットを見ることは出来る。


キャンドルナイト2008
2008年 05月 31日 (土) 18:20 | 編集
fc2blogにログインしようと思ったら(どうでもいいことですが、ログインとログオンのどちらが適切なのか悩むことがある)、どうやらオンラインでもキャンドルナイトを行うようです。
GAMERS HEART
gamers_heart

(一般的なネットの社会ではリンクは自由ですがこのようなスキャンしたものについては引用や参照以外においては多分駄目なんだろう。しかし……わからない)

candle-night2008

by100万人のキャンドルナイト実行委員会
↑ライセンスはCCです。公式へのリンクは画像のほうに設定w

そしてキャンドルナイト2008、いよいよ迫ってきました。昨年私は少しだけきついことを書いた覚えがありますが、なんとも非陽的。でもどんな趣旨で行うとしても(ex.環境、雰囲気、e.t.c.)電気をつけてライトアップだけはして欲しくないと、そう思うのでした。

強制ではないのでどちらでもよく嫌なら(その会場に)参加せずに、一人で蝋燭に火を燈せばいいのです。自身の自由を認めるならば、他の人のどんな自由をも妨げてはならないのです。さて今年はどうしましょうか。
雑感という雑感は存在しない
2008年 05月 31日 (土) 03:03 | 編集
1.
これは雑感である
2.
雑感は他のどんな雑感も含まない

「この」雑感は1と2に基づいています。それゆえ混乱しているのです。



どうでもいいことですが、ナシデレを**デレの仲間だとここしばらくずっと思っていて、本当の意味を知ったとき思わずニヤニヤしてしまった。これは「けしからん」。
さてけしからんといえば、本を読み終わりました。2冊ほど。いつもいつもというか、ほとんどすべての本を提供してくれるあなたに最大限の感謝を。おかげで時代劇というか、武士物というかそのあたりの面白さがわかってきました。友人が、水戸黄門?かなにかの話で大盛り上がりをしているのを聞いて、あまりTVを見ない私はほとんどわからないし、時代劇そのものもあまりわからなかったのですが、これで剣劇も楽しくなりそうです。

隠し剣孤影抄 (文春文庫)
隠し剣孤影抄 (文春文庫)

月末
2008年 05月 29日 (木) 14:02 | 編集
もうすぐ月末だ~、何があるわけでもなく、何もないわけではなく。

踊り子に会いに行くなら週末かな。

最近夜更かしが過ぎるので早めに寝たいけど、そんな時に限って何かをしたくなる。

例えば血の料理とか。
海外には血を固めて作るソーセージやらがあるらしいので、早速イタリアにいた(当時)コックに聞いてみた。
「血液で料理したいんだけど」
オイルを使ったり色々あるけど火を通すのが簡単でいいらしい。

とりあえず鮪の血合いを買ってくる。

これは安いけど味も香りも生で食べるのは骨が折れる。さらに基本的に端切れなので骨とか残ってるし。

味付けは生姜で火を通してみた。ふむ、生より美味しいな。
貧血に効くのかな?
少しだけ
2008年 05月 27日 (火) 19:52 | 編集
お休み~。

延々と疲れた……
欲しいもの
2008年 05月 27日 (火) 02:40 | 編集
私を常に留めるもの、それが私の願い。
う゛~暑い
2008年 05月 26日 (月) 06:28 | 編集
夏になってきたなぁって感じる今日この頃。木曜日には一旦気温は下がり涼しくなるみたいだけど、扇風機をですね調達したいなぁと。

団扇でパタパタやってたのですがこれだと疲れるし何より寝れない。で結局氷枕を出してひんやり涼しく眠りに就きました。幸せ。

クーラーはあまり使いたくないんだけど、今年は早めの出番になるかもしれない。

最近シリコンオーディオプレイヤー(iPodとかね)を使っているのですがmp3やmp4だとなんだか音が歪む時がある。高音がシャリシャリするときがあるなぁと思っていたんだけど情報を削ってるんだから仕方がないのか、と諦めていたが、歪みは納得いかない。

波形を見たら曲によっては盛大にクリッピングしていて、再生環境によっては歪む事が判明したのでクリップしないように調整したら音量が小さくなってしまった(当たり前)。
CDは44.1kHzだけど変換後は40位までになっているみたい。
もうHDDは十分大容量だし、iPod(というか私はZEN、どっちもあるけど)も十分たくさん入るし次からはロスレスかRAW-WAV(PCM)で入れよう。

ZENでロスレスの形式(appleでもwmvでもflacでもttaでも)なんでも良いから対応して欲しいな。

座右の銘
2008年 05月 25日 (日) 01:10 | 編集
座右:傍らにおき
銘:刻み戒める

戒めであり
励ましであり

そして希望であり
絶望でもある。

昨日寝る前に少し思い浮かんだものがある。
もしかして見ようと思ってみないでしまうのは、無意識にそうしているのは、期待したものが壊れてしまうのを感じたくは無いからではないのか、と。
ありうる。これはもしかしたらその通りかもしれない。そこを誰かと行くならば、と条件をつけることによって、
「期待したものではなかったけど、『今日、この人と楽しく過ごせてよかった』などと保険をかけておくのだ」
っていうことか。浅ましい奴だ。


すぐに影響されやすいから、窓から全部投げ捨てて(ポイ捨て禁止!)、空っぽにしてやろうとか、でもカーペットだからフローリングは無理やな~などと、ボダラ宮の話を聴く。昨年、今のチベットがこんな状態になってしまう前に行ったそうですが、ボダラ宮って伽藍なのか?

今は行きたくても入れない、考え方の違いを目前に示されて、コレだから人の中というのは気分が悪くなる。

人は考えを譲らない。

私は考えなんて譲ってしまう。いいよ、そんなものは勝手に全部もっていくといい。あれもこれも必要なら私の中から欲しいものを持っていくといい。でも私は私だから、誰のものでもない。


雨が降っていたので窓を開けて音を聴きながらベッドで朝から夜まで横になる。
雨は窓から少しだけ入って部屋を濡らす。
夢を見た。

起きて傘を差して買い物にでる。食べるものがないから、ヨーグルトを買う。冷蔵庫の半分以上はヨーグルトで、残りが豆乳で(牛乳があまり飲めないから)、残りは少しの調味料と卵。

レタスがあった。

料理が思いつかなくて、とにかくレタスを千切って、水にさっとさらし、冷蔵庫で冷やすことにした。明日の朝にはパリッとしたものが食べられるだろう。



そうやって座右の銘を考えていたら、怠惰とか堕落とかそんな事しか思い浮かばなかった。
隙があるといつでも湧き上がる感情を押さえ込むのに必死で、他のものに心が割けない。

やはりおかしいのか、おかしいのだろう。

座右の銘は「只管多坐」にしよう。


二重螺旋
2008年 05月 24日 (土) 01:36 | 編集
私は弱いから
自分自身が
自分自身の

鏡の中のような
その青い人影を
ふと思ったりする

長く伸びた髪は
切るタイミングを
失ったまま

いっそこのまま
伸ばしてしまおうか
肩まで伸ばすのも
腰まで……は無理か

自分で切るのも
少し飽きてしまった

誰か
夢のように
切ってくれないかな

半分
2008年 05月 23日 (金) 23:42 | 編集
半分ずつ貰ったノニ
私ニハそれが分からない

涙を受け継いだノニ

傷付いて倒れるわけてもナク
絶望にうなだれる事もナイ
争いもしラズ
戦うこともしナイ

タダ遠くから眺めるだけ
ここから先へ
2008年 05月 22日 (木) 20:28 | 編集
何があるのかを考えて
ふと

高い縁に立ったときの揺らぎが感じられて、このまま倒れこんでしまうのではないかと錯覚する。

これから匣を組立て人型を入れる。少し小さくなって返ってくるのだろう。空気を通る管が肺の形に丸まっている。

雨が欲しい。栓が抜けたような水に浸りたい。目の前にきた渇きからは逃げられない。

追いかける
逃げる
また逃げる

私もいつか捕まるのかな
あの網に

ちばりよ~
2008年 05月 21日 (水) 06:56 | 編集
今のメインのPHSにかえてそろそろ一年位になる気がする。

ところで「かえる」って、漢字幾つかあるけど時々どれを使っていいか悩む。
基本的に変を使って、一時的なものは代わるで、同じものだけど新しい何かが換で、替は何となくで使い分けてるけど、携帯を「かえる」はどれだろう?

こんな時に辞書を使うのだと思うけど紙の辞書は重い。電子辞書は高い(そうでもないか、機能がありすぎて悩む。経験的に使うのは三割程度)。

今一番欲しいのは?と聞かれたら辞書って答えると思う。読んでいて楽しいから。

話をPHSに戻そう。
現在はnineを使ってますが、少し前にnine+が出ました。赤外線なんて使うかなと思ったけど連絡先のやり取りの機会があったときに、確かにあると便利かもと感じます。

その前にバッテリーの持ちが悪くなってきたような気がする。暫くもの凄く気に入るものが出るまでかえないつもりだけど、キーの部分の塗装が剥げてきているので今年いっぱいかもしれない。そしたら+かなぁ。

欲しい機能順に並べると、
・長時間使える
・通信が安定して
・音がよく
・デザインがいい
・フルブラウザ
とかなりシンプルです。付け足せば、アドレス帳とメール、音声を含むメモは使い勝手が良いものがいい。

一番使う部分を強化してくれないかな。

昨日は0時に寝たので少しだけ眠いです。

あ、そうそう。携帯もPHSも漢字はたくさんあるのにそれを使う手段が少し貧弱。あれから進化してコードで選べる以外の方法は実装されているのだろうか。

2008年 05月 20日 (火) 22:31 | 編集
神楽殿_中

目的だった(過去形)場所。

テスト用に一枚だけ。

因幡の白兎についてこんな話があるよ、と本を見せてもらいました。
QED 竹取伝説 (講談社文庫)
QED 竹取伝説 (講談社文庫)高田 崇史

おすすめ平均
starsトリックよりも…
starsちょっと今回はインパクト薄
starsかぐや姫の正体見たり…
stars民俗学的テイストの強い佳作です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

待っている間に読んだのですが、知識として読むとすごく面白くて、しかしサスペンス?なはずなのに中々先に進まないw竹取や物語の色々な謎はすいすい進むのに、肝心の事件がなかなか解決しないという。

まだ全部読んでいないのでどこかで読むと思います。
古事の予備知識として読んだので。
オンコロコロセンダリマトウギソワカ
は確かに真言として教えてもらいましたが、「センダリ」にそういう意味があるのはしらなんだ。
バーイシャジヤグルってば大変だったのね。

「ウサギが大和言葉をしゃべるわけないだろう?」
だったかな?
あと何枚か。

お気に入りはすでに見せてしまったので、なし、です。

遊む、見ほまし、色々勉強になりました。
古典は好きだけど、何だか大変ですし、百人一首だって覚えたら楽しそうと思いつつ覚えることすらしてない。漢文はちょっとは覚えたけど、書いていない今はもう忘れてしまった。
失うことに抵抗はないけど、どんどん隙間ができていくのは、どうやって補完したらよいのだろう。
手繰り寄せるもの
2008年 05月 20日 (火) 18:59 | 編集
日御碕灯台

朝起きると
昨日の事が思い出されて
幸せな気持ちになってみたり
急に不安に駆られて朝食の用意をする

台風が来ているとネットの画像は警告するけど
私には余り興味がなかった

朝食を取った後
おもむろに傘を持ち出し
雨の中に入ってみる
傘は雨の量につりあっていない
足下からチリチリと濡れていく
バチバチと跳ねる雨も
濡れてしまえば
晴れている時と気分は変わらない
世界が少し入り込みやすくなる

観よう観ようと思っていた映画を
気が付いたら観ていなくて
調べたらこちらでは
既に四章まで来ている
初めから通しで観られるのは……
九州か

遠いな

DVDは出る(出た?)けど
良いと聞いた音や
画を大きく見てみたいじゃん

こうして逃していく
興味がありながら
機会がありながら

映画を一人で
外出して
観るのは危険だ

入ったまま出られない可能性がある
戻ってこれない可能性がある
越えてしまう可能性がある

必ずこちら側に戻ってこれるようにしないと

それにしても
どうして
もっともっと
執着できないのだろう

時々生命の危機を感じる

ディスカバリーチャンネルが観たいな
お帰りなさい
2008年 05月 19日 (月) 22:42 | 編集
帰って、途中で買った苺を食べながら、もうじき季節が終わると感じます。

頭の中を駆け巡る言葉の濁流に翻弄され片言しか話せませんでしたが、とてもよい時間、大切な時を過ごせたと思います。

次は、次こそはと思いつつ、いつでも計画的にできないのが良くないのですよ。
時間をたくさんたくさんとらないと。



ちょっとばかり出かけてましたが、また今日から元に戻して明日も明後日も何かをしていくのだろう。


もっともっとたくさんの所にいって、会いたいな。
誰もいないかもしれない、誰かが待っているかもしれないその場所に。


闇を見てシンを聞け
2008年 05月 19日 (月) 22:26 | 編集
空から零れ落ちる闇を見た
すでに空に星はなく
失われた炎は
海との狭間を赤く染める

地を照らす光
色を映さない光

流れる風よ
音を聞け
潮騒は耳に遠く
無音だけが耳に届く

明けに横たえ
暮れに咲く

心を描き
彩を滾らせ
高みに至っては
夢に還る

同じ顔の
同じ私

日御碕近辺_1
朝の
2008年 05月 17日 (土) 07:52 | 編集
名古屋。
久し振りだけど変わらない。
好きな街の一つ。
4kgは業務用
2008年 05月 15日 (木) 20:41 | 編集
村上レシピ
村上レシピ台所でよむ村上春樹の会

おすすめ平均
starsメニューも写真も作りもいいのですが・・・
stars春樹ファンでなくても必見☆
starsなりきって作ってみたりして。
starsうれしかったなあ
stars幸せな気持ちにしてくれる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


明日はパスタ。朝からパスタ。
明後日はパスタ。明々後日も。
花と実
2008年 05月 15日 (木) 18:35 | 編集
晴れた!天気が良い。

ということで午後はてくてく近くをお散歩。
緑に包まれた桜の樹を見ながらふと思った。
「さくらんぼって桜の実だよね?」

そういえば花は見ても実を見たことはない。気が付いたときには花は散り、とってかわるように葉が繁る。

もっといえばさくらんぼの花も見たことないかな。

桜の樹はたくさんあるので探せば実をつけているものもあるかもしれない。

結論:実らしい物があった。鈴なりというわけではなく少しだけ。何気なく見てるたげなら気が付かないかも。

次に調べるのはこれが食べられるかどうか。綺麗に成る前に鳥等に食べられてしまいそうですが。
濃霧
2008年 05月 15日 (木) 06:00 | 編集

霧が立ち込め
存在が朧気
日が射して
光芒を瞳に映す
一条の筋が
幾重にも

白砂糖の様に
溶けていく日常

昔むかし
2008年 05月 12日 (月) 21:56 | 編集
小さいころ
あめふらしを初めて見た時
その不思議な生態に憧れる

雨を自在に降らせるなんて
なんて素晴らしいんだろう

少しだけ大きくなったころ
いもりややもりの違いに大いに悩む

尻尾が切れても平気なのはどっちだっけ

体の内側から変化するころ
雲のとりとめない存在感に
感動を覚える

どこからやって来てどこへいくのか

身長の低さを気にする頃
高い所からの眺めに嫉妬する

この吸い込まれる感じは
一体なんなんだ

何度も登っては
ジャンプしたり
飛び降りてみたり

体育館の骨組みから
見下ろす床は
妙に現実離れしていた
授業を追い出されて
ステージ横の梯子から
キャトウォークへと滑り込む

それは誰にも分からない不思議がある

ある時は
鍵が掛かっている屋上だったり
ホルマリンに囲まれた準備室だったり

ポットとカップを持って
空を眺めたり
何も映らない瞳を見続けた

好きな事を
1するために
嫌な事を
99しなければならない
99の嫌な事をするうちに
好きなことがわからなくなり
この口から発する事を忘れる

今までにない個性に出会う頃
閉じかけていた窓が開け放たれる

それは
あめふらしや
いもりややもり
流れては消える雲
俯瞰された世界
屋上にあるCSアンテナ
ホルマリンの陰で眠る小さな化石

そのどれよりも輝いて
素敵だから
今でも心をとらえて離さない
何でそんなの知ってるの?
2008年 05月 10日 (土) 22:16 | 編集
Answer × Answer

たくさん食べた分は消費しないとね!でも外は雨、ならば頭脳で消費しよう。というわけではないけれど、親友と話題になってたゲームをしにゲーセンに行く。

どんなのか分からないのでしばらくやっているのを見ていたのだけど、凄い。とにかく凄い。
そんなの知っているんだ、というか早押しはやっ!

そして自分もやってみることに。

なんていうか、わからん。ちょっと冷静に考えてみれば分かるようなこともなぜか分からなくなったり、なぜそれが分かるのか、自分では分からないけれど分かったり、自分が分からない(笑)

久しぶりのゲーセンは楽しかったので、カード作っておきました。
これでこのデータを使ってまた全国の猛者と対戦できるというわけですね……

親友はSSだったのでその対戦を見ていたのですが、壮絶。というかプロがいる。プロ強い。ありえないくらい強い。対戦回数が3000回を超えているのが既に別次元。苦手なジャンルとかないじゃん。

連想早押しはなんとかついていけるけれど、他のタイプのものは、特に爆弾のやつとか、つい考え込んでしまって手に負えない。

それでも、探偵→理科教師→料理人と成長しました。

自分の得意ジャンルなんて分からないから対戦のときにジャンルが選べたりするんだけど、なぜか体が勝手に相手の得意ジャンルを選んでしまいそのたびにつっこまれる。何でだろう?何も考えていないだけだと思うんだけど。

とにかく一般常識ぐらいは身に付けるかな、教養とかさ。都道府県問題とか駄目すぎる。
飲茶
2008年 05月 10日 (土) 20:10 | 編集
円い卓をみんなで囲む。

うち一人は零歳児(あってる?)。

皆の手を渡る赤子をみて、何故か赤ん坊を相手にすると態度とか行動が変わるのは面白い。

毅然とした態度で接している方が変と感じるのは生物としてそう刷り込まれているのか、どちらにしてもとにかく凄い。

食べきれないほどの飲茶、とりあえず一種類ずつ食べて、あとは食べれるだけ。

皆のたのしそうな感じは幸せを運ぶ。というかさ、頭の中がハッピー思考なのだよ、私は。

落ち込むなんてあるのだろうかと落ち込む、悩みがないと悩むなんて、成長の余地がなさげな所に私の価値があるのだとすれば、私は最高のパフォーマーになってみせるだろう。

ただね私は基本的に忘れる人なんだ。
短期的な快楽に身を委ね、その浮沈すら楽しむバーサーカー。

いいないいな、私はもっともっと楽しみたい。一時限りの生をベット出来るテーブルを用意するよ。

お待ちしておりました。どうぞ奥の席へ。
ちょっとそこまで
2008年 05月 10日 (土) 11:12 | 編集
どーん、どーん?
な用ですぐそこのセンターというかつくば駅まで行ってきます。今から。準備してお昼にはつくはず。

目指せ!4にゃーす。

来週は北極の「方」から何か来るらしいので正座して待機して待っててってーことですね、分かります。

もうそろそろ寝る時間
2008年 05月 08日 (木) 19:37 | 編集
朝といっても深夜に近く、ニュースなら未明と表現するのだろうか?

とにかく揺れた、部屋全体が。あぁ、今日は何かすることがあったっけ?

と考え始めるのがXXX系で、実際はそんな長く思考できないし、目の前の出来事から思考を逸らすのは難しい。なんかハテナって面白いよね。こういうのがばっと広がる。

その時の私は、眠りの中で

「地震だ
ん~結構強いな
部屋の物とか落ちるかな
でも今は眠いから落ちたら考えよう
そもそも
物が落ちる程の地震なら
自分の命を心配すべきだし
しかし
今ここが崩れても後悔はないな
あ、止まってきた」

なんて半覚醒で思ってました。起きた時にはあまりに変わっていなかったので地震そのものが無かったかと思い込むところでした。

人は寝ていても音でどこの何が揺れているのか分かるんだ、と妙に感心してみたり、熟睡しているようで起きているものなんですね

それよりもさっき起きてもう寝る時間だなんて早すぎる。

地震馴れってば恐ろしい。
意識がない自由
2008年 05月 07日 (水) 18:47 | 編集
意識がハッキリしない状態で物事を考えたり覚えたりする訓練をする。

時間が経つほど難しい。

ピアノが弾きたい。
指はほとんど動かないけれど。
だから新しい命を
2008年 05月 06日 (火) 17:56 | 編集
「産まれたよ、女の子」

端午の節句、日付が変わる少し前。
傍にいてあげたかったけれど、

「私は大丈夫だから」

携帯の薄青い画面を見る。

親になりました。
優しさだけでは命を紡げない
2008年 05月 06日 (火) 17:26 | 編集
苔

ショートショートというのは短編集と同じなのか、それとも違うものなのか。
そんな余計なことを考えずとも面白かった。

何かを作り出すことは新しい命を産み出す事だ。


ようやくフィルムを現像。デジタル感覚でシャッターは切れない。あぁでも無いこうでもない、どんな風に写っているか分からない。現像して初めてそれが分かる。

解放付近はピントを合わせるのが難しい。なんというかどれもこれも狙ったところからずれている。
まったくずれているならまだ諦めもつくんだけどな。
滝のお店

滝に行って水に触れる。雪解けの水はとても冷たくてキモチイイ。
滝

水もいいけど囲まれるような緑がいいな。空が青い銀色、水の色。
思いを伝える旋律
2008年 05月 06日 (火) 15:25 | 編集
数学ガール
数学ガール結城 浩

おすすめ平均
stars読者の努力をまちたいと思う
stars数学を勉強したくなる一冊
stars紙とペンを用意して
stars思いの因数分解
stars美しい証明のごとく練り上げられた本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

面白そうだと目に訴えかけてくるものは何?
覚悟があるならそれを目の前に並べて人に見せることが出来る?

一歩を踏み出すたびに指に食い込む泥の感覚
目に刺さる太陽の光、網膜を焦がす雲の陰

ゆっくりと近づいていく距離は何通りもの方法で値を刻んでいく。
触れるたびに眠っていた自分を起こしてくれる。
歩き出しては膝をつき、
進めなくなって掌が草を食む。


仰向けになれば宇宙と地球の漸近線が見えるでしょう?
決して届かないわけではない、脈々と長い時間をかけて手に触れる。

copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...