色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
われ目指すはただ徳の示すままに
2008年 01月 30日 (水) 00:32 | 編集
武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える 知的生きかた文庫
武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える   知的生きかた文庫新渡戸 稲造 奈良本 辰也

おすすめ平均
stars明治に書かれた日本人論
stars読みやすいです
stars武勇と文徳の教訓
stars「武士道」の分かりやすい現代翻訳
stars武士道〜その時代だからこその武士道論

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この一週間でちょこちょこと読み薦めていた本。読んだのはこれが初めてで、正直イメージ宮本武蔵みたいなことが書いてあるのかとずっと思っていました。立派な哲学、人文系なんですね。新渡戸稲造が書いたというのも知らなくて(新渡戸さんは何をした人なのかとずっと思っていました)、世間知らずというかほよよんとしているというか、ちょっと再教育が必要みたいですね。

武士道といわれているものが様々な思想や、道徳概念から引継ぎ、日本の文化・歴史の中で成熟していく様が大変よく分かりました。一歩間違えば危険ですが、この精神は高潔であることを課しているので政治家で武士道なら最高の取り合わせだと思うのは早計でしょうか。
私自身も今の世情に合わせて上手くこの考えを取り入れることが出来たなら、どこを歩いても背筋を伸ばして生きていける気がします。

とは言いつつも今の世の中「覚悟」というものを鍛えることが難しいため、とても苦労するわけです。お金には全く関せずという考えも少し以外だったこの本は内容の豊富さからかスラスラと読めました。古今東西の哲学者や学者の名前とその言葉は分からないものも多くありました。一月も終わる頃に読み終えてよかったよ。
スポンサーサイト
旧くて新しい習慣
2008年 01月 30日 (水) 00:12 | 編集
こんなことすっかり忘れていたね。寒い日にはあったかいお湯を張った湯船にゆったりと浸かり、カラダの芯まで温まって。入浴剤や、オイルのふわっとした香りにカラダが解けてゆくのを感じます。昨年の今頃は似たようなことをしていたはずなんですが、どうして今の今まで思い出せなかったのかが分からないほどです。

さて、思い出しついでになるべく0時には寝るように…若干過ぎていますが、しています。起きていても今は何があるわけでもないのでそれならゆっくり寝てしまいましょう!ということで。
久しぶりにバナナも食べました。林檎もイチジクも。果物がたくさんある生活は幸せです。次は野菜がたくさんある生活に徐々に戻していかなくちゃ。

他力本願
2008年 01月 28日 (月) 19:37 | 編集
コレまでの事をボーッと考えていたらあることに気が付きました。
私はとにかく新物好きで、新製品新発見新発売新発明と世の中の喧騒に躍らされています。実際にもの凄く欲しいと思うのですが、手に入れると思っていた程にはならない。始め(初め)は目的よりも過程や手段そのものに価値を見い出すタイプなのかな~?とのほほんと思っていたのですが、どうやらそうでもないみたい。
よくよく考えてみて、もっと前の段階、新しい「モノ」に関係無く、私にとってワクワクするようなモノで(それらは大抵新しいものだったりするだけ)想像をかきたてられるのが好ましいんじゃない?

もっと早く気が付きなさいよってカンジなのですが、そう考えると急に今までの事が解けてくる。

例えばバイク。
バイクに乗るのが目的じゃないとは暫く前に気が付きましたが、実は修理する事もたいした目的じゃないんです。これまでの考察からすると。じゃあ何?それは乗るにしても直すにしても沢山想像をふくらませたり、色々なことを知ること、それだけみたい。確かに知ったことや考えたことを試してみたいというのはあるのだけど、それは必須ではないみたい。

なんてやる気がないんでしょう、と少しだけショボーンとしちゃってますが、だからこそあまり費用がかからず生きていけるとも考えられると頭の虫は言います。

そうかもしれないわね~なんて思ったらいけないのかしら?

う~ん、違うのかな?
誰か意見モトム。
明日から変わってみようかな、変われるかな。
2008年 01月 28日 (月) 00:47 | 編集
昨日今日と納得のいかない二日間を過ごして、そろそろ本当にちゃんと考えてやっていかないと目の前にある流れに乗れなくなってしまいます。手遅れにはならないけど、ずっとこのまま満足のいかない毎日を送ってしまいます。

考えていることはシンプルで目標としていることにち力を注いで、日々を質素に生きることです。豪華でなくても快適でなくてもいい。ただ自分がのびのびと出来ればそれで満足なはずなのに……

どうしたらいいんだろう。純粋との狭間で揺れ動く。
フーコーの振り子

単焦点レンズ
2008年 01月 27日 (日) 01:55 | 編集
よくよく見てみたら「写真」というカテゴリが無い。つまり私の中では写真は単独の興味としてあるわけではなく、何かと紐付いているわけです。だから写真そのものにどっぷりはまるということは無いんだろうな、と大分自分の性格が分かってきました。今更ですけど。

ズームレンズはいい。一本で大体の範囲はカバーできて撮影も楽に行えるだろうから。でも私はズームを買いませんでした。理由は、高いからというのと、コレまでズームを使うことがあまり無かったからという二点。コンパクトのデジカメは広角側ばかりで撮影していて、偶に望遠側。だからレンズは安い単焦点。基本の50mmから持つことにしました。

今は、色々あってそれ以外にもレンズはあるけれど単焦点のみ。

使っていて不便は感じない。デジタル一眼レフは各社から春のモデルが発表されて華やいでいるけれど、それにはまだ手を出さない。最初の頃は華やいだ気分になりいいな~と見ていたけれど、今のデジカメすら使いこなせてないのにいらないでしょう?という健全な思考にいたりました。重要なのはデジタル一眼が必要な写真を撮っているか?ということで、それから言えばあまり。持つ様になればならではの写真を撮るのかもしれませんが、少しそれには時間がかかるような気がします。

しかし一番一眼レフのレンズでよかったことは明るいものが多いこと。目が悪いのであんまり見えないのです。そのため見やすいのはとてもいい。眼鏡をかけずに撮影できるなんて、本当に嬉しいことです。
難しいよねぇ
2008年 01月 24日 (木) 22:08 | 編集
何かを変えようと今までと違ったことをしようとしてもなかなか上手くいかない。一度落ち着くと変化を嫌がるのが普通らしいけど、それも何だかなぁと思ってしまう。

で、今日は綺麗な月が見えると確信して道を歩くこと数分、期待通りの空と月。見とれて歩いたらいつの間にか道を横断していて、人にぶつかりそうになった。
人は月を見るために巧く出来ていない。太陽は目が潰れるからと見ない習慣はあっても月にはない。仰向けでいられたらずっと月を眺めていられるのだろうか?こんな無防備でいられる場所はあるのだろうか。

今日はとても良く冷えている。冷蔵庫がいらない程に。最近成り行きで温室効果ガスに取り組む事になり少しだけ勉強した。結局のところそこに利益がないなら動かないというなら、後の代を考えてというのは動機に弱い。ここは一つ、今すると今の自分達にどんな良い事があるのかを中心にした方が良い。誰もがマイナーでありながら中心でいたい世の中だから歓迎されるかもしれない。

なんという善人。

刺激に溢れた世界から帰る途中、この瞬間から私は変わり本当にしたいこと成さねばならぬと感じていることをするんだ、と決意も新たに歩を進める。未来は期待と夢に溢れ余計な物事、些細な事には心を動かさないと決めているのに、部屋に着くと綺麗に霧散してしまう。ここに至ってようやく覚ったのは、帰る場所があるのは私にとって良い結果をもたらさない。流れるままに流れていないと輝けないのか?

同じところにいるのが弊害なら変化すればよい。ただ困ったことに人は変化を嫌うらしい。
久しぶりに
2008年 01月 24日 (木) 18:16 | 編集
綺麗な夕焼けを見た。
建物を染める色も鮮やかに、空は澄み渡る。
そんな時に限ってデジカメを持ってなかったりするんですよね。
年間の予定
2008年 01月 24日 (木) 01:08 | 編集
あるときふと、予定を立ててみるのはよいことだと思います。

夏頃まで
・南に一回。東の南に一回
・ドライブで今度こそ小京都あたりへ
夏以降秋頃まで
・たぶんひたすら読書と勉強
秋から年末年始
・過ぎる一年を後悔するか悩む
・スポーツの秋に傾注

総額3桁……

これはちょっとキツイ。一年で全てやるのではなく、数年計画で少しずつ少しずつやっていこう。早くても遅くてもあせる必要は無いのだから。今年は海多くて3回くらいだろうな。

最近の出来事で驚いているのは食欲が出てきたのか、少しずつですが食べています。体重もちょっと持ち直しました。朝起きて、雪のことをしらず外にでたら普通に降っている!凄い!こんなに振るのは久しぶり?でも去年も一昨年もあったような気もする。

不都合な真実を少しだけ齧り、甘い林檎にはどんな誘惑も勝てないということを知る。いくつかのまだ真実とは言い切れないものもあるけれど、イチジクの実はその葉を人間に差し出すのです。
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディションドキュメンタリー映画 アル・ゴア デイビス・グッゲンハイム

おすすめ平均
starsアル・ゴアのカッコいいプレゼンテーション
stars今、日本人がやるべきこと
starsアメリカに残された良心か
starsもっと広めてほしい
stars史上最大のドキュメンタリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にこにこ
2008年 01月 20日 (日) 21:35 | 編集
久しぶりに外に出たら綺麗な月が朧げで思わず寒いのにサンダルのままで散歩してみたり。最近急に冷え込んで雪まで降って、暖房がない私は布団に包まってぶるぶる震えていたのですが、覚悟を決めてエアコンの暖房を入れました……

そういえば最近外に出るときは夜でほとんど外に出ていない。周りで外壁の工事で昼はカラカラと人もドタバタといるのでカーテンを閉め切って昼でも暗い部屋でやっぱり毛布の中で丸くなっているのですが、昼に寝れないと夜も眠れない。困った。それで誰もいない夜にもそもそ動き出すのですが、気がついたら右足の人差し指が痛い。捻挫?したみたい。器用なことをした、我ながら。

BGMににこにこ動画を流しっぱなしにしているととてもカオス。音だけ聞いてるとテレビと同じですぐに飽きるんだけど、コメントを見ながらだらだら見ていると時間はあっという間に過ぎる。映像の中身は重要じゃなくて、コメントで突っ込みどころや、笑いどころで同じように反応しあえる感覚が心地いいんだな。これもネットのコミュニケーションか。いや、未だに書き込んだこと一度も無いんですが。見ているだけでおなか一杯。

はぅ!こんなことしている場合じゃなくて試験勉強だ!来年はセンターだ!今年は英語と情報処理。


カメラはちまちまと撮っていますがなかなか現像までいきません。RAW現像は大変だし、フィルムもなかなか大変だし。車に一週間分の荷物をつめてどこかにいこうか。
英語学習でなくてもポッドは買える(お金があるかは別にして)
2008年 01月 20日 (日) 21:19 | 編集
iPodを買ってなんとなくそのままにしておいたのですが、使わないと悪いというか意味が無いのでとりあえずケースから出してみることにした。
今のiPodはかなりコンパクトなケースになっていて包装も一枚、簡素。過剰包装にならない程度にでも高級感を出してというのは上手いなぁ。
で、取り外すときに買った人は分かるけど、アレって一度持ち上げて本体と一緒にケースの一部を引き上げてから取り出すんですね。そのまま取り出そうとしたら取れない。ちょっと強く力を入れてみたけどやっぱり取れない。1時間ほど考えてみておもむろに持ち上げてみたら外れたwwwで、取り外した裏側に取り外し方がorzまあ、いいけどさ。無理に取り出そうとして壊さなくて良かった。

次はケース。買ったのはコレ。
Pleiades Biscuit for iPod nano 3G Black SE-BS-BK
Pleiades Biscuit for iPod nano 3G Black SE-BS-BK
おすすめ平均
starsなんといいますか
stars外観はとてもかっこいいが、
stars外見はかなり良いですよ。
starsよい
starsBiscuit+Product REDもかなりかっこ良くなりますよ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見た目は良いし、付属品もきちんと一揃えあっていい感じ。ただレビューにあったとおり固い。取り付けのときも少し固かったけど、取り外すときがハンパ無い。これも一時間くらいかかってしまった。ストラップを付ける関係から確かにある程度の固さは必要なんだけど(でないと簡単に取れてしまう)それにしてもこの固さは……

電源をONにして時計やら言語やらを設定して今日は終了。
orz
2008年 01月 20日 (日) 02:14 | 編集

「楽天市場」や「Amazon」、「ヤフーショッピング」でのいつもの
ショッピングが「永久不滅.com(ドットコム)」を経由するだけで
永久不滅ポイント【2~19倍】!おトクにご利用いただけます。



軽くへこんだ。ちょっとね、べっこりと。これまでの分をすべてコレに変えたい。
没頭すること、やりこむこと
2008年 01月 19日 (土) 23:50 | 編集
Resizor
対象の比率を変えずに画全体の比率を変更できる、凄い。以前と比べてレタッチに抵抗がなくなったのは食わず嫌いだったのか、奥深さを知らないアマチュアだからなのか。可能性をつぶすのはもったいないだけか。それでも最初からよいものを、という心だけは忘れないようにしないと。

小説でも、絵でも写真でも没頭し、それを延々とやり続けることで誰よりも詳しくなり、より細かいことも分かるようになっていく。これは対象のジャンルを問わずにいえることで、同じように、どこかで一度停滞(挫折)のようなものも出てくる。解決方法は「変化」。人間は慣れがという重要な能力があるけれど、それが悪いほうに働くと駄目よということか。

偶に変わったことをしたいと願っていても実は今一番我慢のときで、普通を普通としてやり遂げなくてはいけない。ちょっと大変で辛いけれど、ここを乗り越えないと本当にしたいことが出来なくなってしまう。それさえ終われば、後はどーなってもいいし、どうにでもなれ!という心境。
本欠乏症
2008年 01月 18日 (金) 21:27 | 編集
という診断書をいただきました。

最近、本が足りない。本が足りないと心の頁も擦りきれてしまう。新しい本が読みたい。新しいっていうのはまだ読んだことない本。

これまでに読んだ本を意識して読み返すことがあまりない。ふと手にして頁をめくる、読んだことがないと最後まで頁をめくる、それが多い。既視感が加速して本はもっと面白くなる。フル回転の頭が化石になった記憶を発掘しオートで現在の思考に割り込ませる。

この快楽は本に埋もれて眠る特権。
Vista SP1 RC
2008年 01月 18日 (金) 09:33 | 編集
SP1のRC版がが公開されたのが昨年12月。refleshされたのが今年。少し改良されているらしいので入れてみたけどあんまり変わらない。互換性重視と言ってたっけ。あえてあげるならサイドバーが起動しないことかな(クラッシュ的に

多分、色々とボロが出てきているので再インストールしてから当てた方が良いのだろう。と言うわけで今週末は再セットアップの日としました。バックアップは大変なので、新しいHDDに載せ換えて。

選択するという日常品
2008年 01月 17日 (木) 20:33 | 編集
ドアのノブを触るときに
歯を磨くときに
どちらかを少し迷う

ご飯を食べるときに
文字を書くときに
どちらにしようと迷う
いつでもいつだって楽な方をしらないうちに選んでいる。上か下か、右か左か、使うか使わないか。
頭は自覚していなくてもしていても勝手に最初の判断を下す。

まずは上。
月や太陽の照す方。

そして右。
以前の利き手ではない方。

最後に使わない。
触感さえ引っ張りだす。

後悔はしたくないが、いつの間にか周りは後悔を決め込む。今が選択の後悔をする時だ、さあこちらを選べ。
差し出される手には苦い香り、先は無い。でもそれが大人の流儀なのだと頭が判断する。一度握った手は離れない。一本一本指から切り落として剥いでいく。
使わなくなったペン、古い機械、新しい必要ないもの、壊れた関係、古い情報。どれもこれも宝のように輝き惑わされる。

重要なのは何を選択するのかではなく、なぜ選択する必要があったのか。

この食事も睡眠もどこにもない日常品。
まだ足りない
2008年 01月 17日 (木) 07:48 | 編集
外がいつもより静かで白い。
厚く着こんだ人が扉を叩く。
震えながら現況を手渡すと、何も言わずに何処かへ消えていく。
何か心に決めては消してまた決めて、延々と続けても最後には何も残らない。

閉ざされた世界でどうしたら満足し穏やかに居続けられるのだろう。
カーテン
2008年 01月 16日 (水) 22:19 | 編集
朝カーテンを開けることが出来ない。
沈んだ気持ちで起きる。朝だから起きたのか、起きたいから起きたのか分からない。

カーテンの向こう側はきっと晴れていると信じつつ、今日もカーテンを開けることは出来なかった。

こうして一日の半分が終わる。

次に気が付いた時はポストに何かが入れられる音。確認するまでもなく不要なものだ。

覆いが風に鳴くのを聞きながら、夜らしい時間を迎える。この時にはカーテンの向こう側は閉ざされてしまっていて、カーテンを開けても何も見えない。

手が届きそうな場所にむき出しの鉄骨、格子が見える。

あの先には何が見えるんだろう?ここに来てから外をしらない。何をすれば良いのか、何もしなくて良いのかそれすらも分からない。分からないまま過ごすうちに分かったことは、あまりにも分からないことは思考の外にはじき出され全く気にならなくなっていくこと。鍵は外からかかっていて私にはどうすることも出来ない。そうして見えない朝をまたむかえる。

細くなるのを静かに待つ。
車と電車
2008年 01月 16日 (水) 08:08 | 編集
最近、MTの車を見なくなってきた。新車ノカタログをパラパラめくって唯一、ATにMモードがあってギヤだけ変えられるようになっている。
考え方を変える必要がるのかもしれない。ATもかなり高機能で、もう普通の乗り方はもちろん、少しハードに乗っても大丈夫。今や左手はシフト操作ではなくパネル操作に忙しいし、左足を使いたければブレーキにすればいい。

そう考えたら一気に選択肢が拡がって車選びが楽しくなってきた。それなら折角のATなんだしコラムシフト?でウォークスルーっぽくスッキリさせて、ステアリング部分で補う形の方がいいな~。
車検がもうすぐでなぜか必要のないカタログを見てる。

電車は乗ることが多いせいかあまり進んで乗ろうと思わない。今のガス代と時間を考えたらずっと電車はお金が掛からないんだろう。駐車場に悩むことはないし、道に迷う事もない。ただ少し荷物を軽くする努力をすればいい。

次の機会に電車に飛び乗ってみようかしら?
ただ今は、柑橘類の香り
2008年 01月 15日 (火) 19:39 | 編集
連休は昨日までだったと言う噂がありますが、ただの噂なので、もちろんお休みの人もいます。
成人式の関係だなんて祝日の制度も良くなりました。

でもそんな貴重なお休みも私にはあまり関係がないらしく、ここ数日の記憶がありません。困ったことに気が付いたら今日でさっきで、目の前には蜜柑がおいてあります。
食欲がないのでお粥を食べました。お粥さえあればどんな辛く苦しい事も乗り越えられるんじゃないかと思っていましたが、空になったお粥をみても喪失感はなくなりませんでした。

ちょうど空には月がのぼり魚が駆け足で川を渡っています。部屋の反対には壁掛けの猫と雪ダルマがぶら下がっていて、正月に食べた餅が無くなっているのに気が付きました。
レトルトはありません。あまりカレーを食べないからです。

まず私は野菜の考察から始めました。冷蔵庫の中身は金曜に見た時と少しも変わりがありませんでしたが、葱に強く興味を惹かれました。以前、微塵切りにした葱をうっかり放っておいて部屋を何日も空けたら酷い有り様で、その臭いがとれるまで三日もかかりました。この葱はまだ大丈夫のようです。
他にハムやキャベツ等がありましたがそれらは私に何も与えることはないようでした。

結局それからお皿やグラス、机の上の書きかけの年賀状、一度も開けていない段ボールを見てみましたが、それらが示したのは、今まで何をしていたか分からない事だけであり、とてもガッカリしました。

明日は良いことがたくさんありますように。
夢はあるよ
2008年 01月 12日 (土) 00:09 | 編集
永遠を探しに行って。

step
ああ、無常
2008年 01月 11日 (金) 23:18 | 編集
まずは公開おめでとう。といってみる。それでも来るものは来るんだし、それなりに対処しないと駄目だけれど。

まずは、コメントにもなっていないコメントのURLには手を触れないで下さい。私は気がついたときにしか削除できないので(許可してから公開という手もあるけれど、その方式は好かない)とにかく気をつけてください……
新しいのはその道の人でも間違える(騙される)ほど巧妙で精巧です。日々勉強しているけれど、こんなペースで増えていったら、もうネットなんて出来なくなってしまう。

話は変わるけれど、新年になってから出費がものすごいことになっている。色々な人と知り合えて交友関係が劇的に増えたのが原因なんだけど、このままで着替えも無くなり路上で生活することになるでしょう……今とさほど変わりませんが。
でも、帰る場所があるけれど帰れないのと、帰る場所がなくて帰れないのとでは大きく違うと思うのです。
さよなら、オリゼー
2008年 01月 10日 (木) 20:36 | 編集
単行本を買った時についていたオリゼーストラップは私のPHSにつけられましたが、それから半年くらい、オリゼーは旅に出てしまいました。残ったのは青いストラップ部分だけで。

どこか旅に出たいね、と南から北まで一緒に行ったのはもはや過去。去るものは追わず、来るものは拒まずただ優しく迎えるだけ。

最近は携帯に対する情熱も失われつつあるのでこの辺が潮時なんだと思います。
流れ的にはそろそろ読書かな。
2008年 01月 06日 (日) 21:03 | 編集
新年になって頭にケセラセラ……じゃなくケサランパサランが寄生している方が増えているらしく、迷惑コメントが増えました。トラックバックのように禁止米を共有できたら削除が楽でいいのにな。禁止URLとかIPとかがあるけれど、どうせ変えてくるのであまり意味ないかも。

で、一時的にクローズドにしてみます。今コレが見れている人はパスワードを入力出来たってことですね。ヒントもあるし簡単でしょ?
なりたいもの
2008年 01月 06日 (日) 00:06 | 編集
こんなところで止まっているわけにはいかないのに、なぜぐずぐず迷っているんだろう。
こんなところで止まっている余裕なんて無いのになにをやっているんだろう。

くだらないと分かっていても身に染み付いてしまった堕落が、足首からぐいぐいと引きずり込んでいく。締め付けていく。引き剥がしても痕がくっきりと残っていてそれが寝ても起きても頭を悩ませる。どうしてこんなことになってしまったんだろう。

初めの頃はこんなはずではなかった。やりたいことなりたいものはたくさんあって全てに道が開けていた。何も障害なんて感じなかったし、そもそも望めば全てが思いのままだった。
でも今は違う。何をするにも制約が付きまとい、やることには障害がつきもので、しかも思い通りにいかない。挙句の果てには失敗し、挫折し、落胆し、関係ない人を恨んだり、辛く当たったり、全てが自分のせいだと決め付けて殻に閉じこもってしまったり。

それではいけない。コレではいけない。これは違う。違うんだ。
でもそこから抜け出す方法が今は分からず、結局その沼から出ることは叶わず、沈んでいく。私の心はどこにあるんだろう。誰かが見つけてくれることを期待して待っているだけでは永遠に見つからない、自分で探さないと。早く見つけないと潰れてしまう。
午前中
2008年 01月 05日 (土) 11:25 | 編集
午前中にお願いしますとたのんだので、うっかり寝過ごさないように0時から待っているけれど、12時になろうとしている今現在全くやってくる気配が無いのはどうしてだろう?
これじゃうっかり午後は寝て過ごしても文句は言われないよね?

フィルムで思い出したこと。枚数を気にしなくてはいけない事と、現像しないと確認出来ないこと。過去に現像したフィルムってどこかのタワーから見た夕焼けや、ストリートで演奏している人達。撮ることに興味はあるけれど、撮った後のものに興味が無いというのではホントどうしようもない。

早く来ないかな……
最後の夜
2008年 01月 04日 (金) 01:57 | 編集
あぁ、気がついたら最後の夜です。
雪と戯れたり(スノボ)、音楽と戯れたり(ピアノ)、絵と戯れたり(写真、絵画)という素敵な、それは素敵な計画がぐうたらという悪魔の手に落ちてしまい、寝正月ともネット漬ともつかない中途半端な内容で終ってしまいます。唯一の救いはツマラナイ正月特番の中でのだめや映画などの長編物を流してくれること(極妻初めて見たよ……)。でも深夜というのがつらいかな。

正月といえば正月太りで、私も例外なく食べています。普段から「食べないと駄目!」といわれているので人が見ているときは意識して頑張ってたくさん食べるようにしているのですが、残すということが嫌いな私は出されると出されただけ食べようとするので途中からフードファイターの如くになってしまいます。それでも食べるのは野菜が中心なので太るかといえば微妙なのですが。怖いけれど体重を量ったらあんまり変わっていませんでした。体脂肪が変わっている予感がする。

今いる所は北なので当然寒いはずなのですが、なぜか部屋の中だと暖房なしで過ごせてしまいます。今も暖房なし……寒くないかといえばそれは少しは寒いですが、すごく寒いわけではない、そんなところ。外に出るとめちゃくちゃ寒いのですが、プラセボですかね?もう感覚なんて良く分かりません。

カサブランカはネットをしながら見たのでストーリーが全く分からず、今度本で読んでみようと思ったのでした。そういえば青空文庫最近活用してないな。著作権70年になったら青空も少し削除されたりするのだろうか。著作権、私は現実に印税で暮らしていたりしてないので本当の所は分かりませんが、死後もいるんだろうか?とふと思ってしまいます。50年でも結構長い。後に残された人も十分にやっていけると思うのですが、そういう問題じゃないのかな。難しいことは良く分からないけど、特許系はかなり短いことを考えると、う~んと思ってしまいます。やはりねずみの陰謀なのでしょうか。商標登録とかだけではいけないのかと言う考えは、無駄にパクリや剽窃する人がいないという前提でしかなりたたないのか。

名作といえば「世界名作劇場」がいいよといわれて「レ・ミゼラブル」を見てみたのですが、なかなか面白いです。最後はハッピーエンドっぽくなってきたけど、その前のすれ違いや不幸さ加減が歯がゆすぎる。例えば私の行動も他の人がこういった物語形式で俯瞰できたとしたら、不器用な部分がとても歯がゆく感じられるのだろうな。でも人って思っている以上に物事に冷静に対処できるものなのだろうか。紆余曲折がないと結局「知って」いても「理解」できてなくて、腑に落ちないからという理由で「なんでそこでそういう行動に?」って事をしそうな気がします。本人も良く分かっていないので、永遠のテーマですね。

一年の計は元旦にありとはいいますが、なんとなく「こう」という漠然とした目標だけで具体的な「何か」を定めきれていないので、もうちとまじめに考えてみようと思います。それでももがきあがくのが私の自然体には変わらないのですが(←でもこれを客観的にor他の人からみると何だがふわふわふらふら、やる気があるのかないのかよくわからない状態のようです)。
しぶんぎ座流星群
2008年 01月 03日 (木) 23:47 | 編集
しぶんぎ座流星群というのはだいたい4日くらいに見られる、新年を代表する流星群(だとか)。意識してみたことは無いけれど、以前は暇さえあれば空を眺めていたのでもしかしたら……
結構多くの流星が見られるのでお勧めではあるのですが、今年は夕方から夜にかけてがもっとも多く流れるらしい、ということで本格的に見ることが出来る夜にはほとんど終っているというあまり嬉しくない事実があります。日が落ちた18時頃からぽつぽつと見ることが出来ればいいなぁなんて。

そうそう、写真についてですが色々と沼にハマりそうになり大変な目にあうところでしたが、なんとか踏みとどまり最初にデジカメを買ったときに思っていた「星が綺麗に撮れない」という原点を思い出したので、その方向で行こうかと思っています。とすると、現状ではAFの明るいレンズ一本買えばいいかな~、なんて。これは難しい問題です。第一コレクター的要素があるのが、私にとって物凄く都合がよくないです(笑)
ある意味揃えることに価値を見出してしまう暇人なので、体に毒なことこの上ない。早くこんな煩悩から解き放たれたい。
あけましておめでとうございます
2008年 01月 01日 (火) 00:00 | 編集
2007年お世話になった人へ
とてもお世話になりました。色々ありましたが一年無事に過ごすことが出来ました。
2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は写真関係を少しだけやれていけたらと思います。そういえば写真集が送られてきました。こういった日常のごちゃっとしたところを撮れるのも写真の魅力なのかな。デジタルは本当に写真と人の距離を縮めてくれたと思います。もっとも縮まったのは距離だけで、それ以外は相変わらずですけどね。

このブログに来てくれた皆様にも今年一年良いことや幸せがたくさん訪れますように。
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。