色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリア
2007年 03月 31日 (土) 18:31 | 編集
を模した街をたまたま訪ねたら偶然にも生誕祭前夜かなにかで花火を打ち上げるらしい。

時間的に後少しだけど熱田神宮も見たい私は少し悩む。

花火をを見ずに神宮に行くか、
花火を見て神宮は明日にするか。

ここには大きな問題が潜んでいて、つまり私は宿をとっていない。
明日というのは宿が取れたらというギリギリの選択(でもカプセルホテル見つけたからそこが行けると思うけど)。
あと夜は少し寒い。

クレープを食べてから考えようとクレープを買う。ちょっと待たされる。
ここで決めた。花火を見ていこう、と。

名古屋港の風は冷たいなぁ。

イタリア村

スポンサーサイト
名古屋
2007年 03月 30日 (金) 17:16 | 編集
名古屋

ピントを間違えてボケボケですが名古屋に着きました!
考えてみれば車以外で来たこと無いので新鮮です。
友人と落ち合うべく移動します。まずは花見なんだけど、泊まる場所も考えないと。
暖かいけど沖縄程じゃない。沖縄装備しかない私には少し寒いかな。風もあるし。

沖縄では何も思わなかったけど、名古屋は来た瞬間「名古屋だー!」って感じです(笑)
多分髪型とかファッションのせいだと思うけど。
タタン
2007年 03月 30日 (金) 13:04 | 編集
電車で揺られて波の上。
八夜目。

アラビアの夜の種族〈3〉
アラビアの夜の種族〈3〉古川 日出男

おすすめ平均
stars読み慣れればあっという間に読めました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より南へ
2007年 03月 28日 (水) 21:53 | 編集
徒にて南を目指す。
穏やかに晴れ風はあまりない。

四方八方を海に囲まれているこの土地は夏の準備を着々と進めています。

横目に米軍フェンスを見ながら先は長いなあ、なんて考えてあと何日が良いのかを考えます。

京都→羽田→南へ。この後はさらに海外に出るのも悪くないけれど、一度戻る予定。運良くそっち行きの移動手段が得られればですけど。
それまでは目的を達成するまでこの地に留まる?何時にしようか?

まだ水蛇しか見てないしね。

深海に身を沈める。
2007年 03月 26日 (月) 23:06 | 編集
午睡の合間に本を読む。今日は七夜目。

アラビアの夜の種族〈2〉
アラビアの夜の種族〈2〉古川 日出男

おすすめ平均
stars読み慣れればあっという間に読めました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何にも縛られることなく移動し、そして私は旅を続ける。
「まだ、旅の途中?」
「うん、そう。今日は泊かな。きょうの集まりにはいけないよ。」
「そっか。」
遠くの地で彼女の成功を祈っている。幸あらんことを。
雨時々睡眠晴れ
2007年 03月 25日 (日) 20:42 | 編集
雨が静かに降っていた。風は強くない。

しばらくすると晴れてきた。お昼くらいから。地震がある。

お城か通りに出ようと思ったけどなんだかそんな気分になれないので横になりながら鯨をみたりカーリングの決勝戦をみたり世界水泳をみる。そういえば昨日はフィギュアスケート綺麗だったな~。

ホバリングをしながらそんな事を考えて、空は夜の晴れ模様。月に誘われて海まで散歩する事に決定~。

時間があれば通りをグルッと周り墓地に入り(地理的には逆かな)、お腹が空いたら何か食べて夢の続きを読もう。

ランチA定食
2007年 03月 23日 (金) 22:04 | 編集
世の中色々あるけれど、まさかランランがこんな所で役に立つとは思わなかった。

奴の名はA定食。なぜかBがなくてCがある。他の所でもA定食は似たようなものみたいなようです。
なんというか体に悪そうというか、メジャー三大肉制覇なのか、ただのっけただけのような…

ちゃんと食べてきましたが、もう行かなくていい。行ってもA定食だけは頼まない、と思う。

砂辺でゴロゴロ転がり犬と遊ぶ。一匹はレトリバーでもう一匹はIQがメチャ高いあの犬にそっくりです。

軟らかな絨毯の上を滑るように落下し、時には固い床を這い、ニモに会う。

名古屋に行きたいな~
2007年 03月 22日 (木) 22:56 | 編集
20070322225614
夜の道路を走りながらそんな事を思います。
まだ大阪には遠い、岡山も。

結局こうして方角を見失いながら走り続ける…マジ遠い。少しつかれてしまいました。あとの事をちゃんと考えて走ろう…

注目の岡山
2007年 03月 22日 (木) 21:57 | 編集
地価が上昇中。

『交通の便が良い』からとか『都市部』(地方)というのがキーワードらしい。
いいな、岡山。

今日は港まで走って少しだけ道に迷ってしまいました。桜の開花宣言にともない、もしくはそれだから桜の開花宣言がある。暖かい。既にシャツだけで充分、夜も。とうとう春を飛び越えて夏が来た感じです。

そんな訳で明日は早起き。フェンス越しにみるエリアは入ったらまた警報鳴らされそうです。

温かさと冷たさの距離
2007年 03月 22日 (木) 10:14 | 編集
それが測れないものだとして
それが知りえないものだとして
どうして忘れることができるだろう。

温度には距離がある。
温かいものには長い距離が
冷たいものには短い距離が。

近くにいればいるほどその温かさを見失い
遠く離れれば離れるほどその冷たさを感じる。

温度には方向がある。
温かいものには後ろへの方向が
冷たいものには前への方向が。

進めば進むほど離れがたくなり
振り向けば振り向くほど捨てたくなる。

温度には色がある。
温かいものには黒い色が
冷たい色には白い色が。

貪欲に求めるその答えが
無欲になろうとするその姿勢が。

本当は誰もがその距離を知っている。
一歩にもみたないその距離に永遠を六度重ねればまた巡り逢える。
亜熱帯の夜
2007年 03月 21日 (水) 23:16 | 編集
亜熱帯というか熱帯でもなんでもないココは、どこだろう。
ただいま逃走中…?あ~、ちゃんとしたところで寝たいな~。
今日は第六夜。もっとも現実の時間とは大きくかけ離れている。窓辺から海を眺めながら、潮騒を聞きながらのんびりのんびり本を読む。陽の下で、月の下で。

アラビアの夜の種族
アラビアの夜の種族古川 日出男

おすすめ平均
stars物語りらしい、荒唐無稽にして甘美なアラビアンナイト物語
starsファンタジア
stars語りと、物語の不滅
stars古川日出男さんの大作の一つ
starsサフィアーンの手下

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そこに波があるから海に行く。
2007年 03月 20日 (火) 23:08 | 編集
第五夜くらい?

下巻へゴー!

サウンドトラック〈下〉
サウンドトラック〈下〉古川 日出男

おすすめ平均
stars衝撃は伝染する

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ディオニュソス或いはバックス
2007年 03月 19日 (月) 14:41 | 編集
なぜだろうとふと考える。
今でもはっきり分からない。懐かしさ、優しさ、それとも回帰?
それだけ?

いいや、違う。それだけで危険を犯すことなんて何のだから。その理由は今でもずっとずっと闇の中。

クリア・スカイ、ワイルド・ウインド
2007年 03月 19日 (月) 12:42 | 編集
―昼真っから酒ってどうよ?

美味しいお酒とはお世辞にもいえないような、しかもとても薄いものを何杯も仰いで騒ぎまっくた初夏。俺らまだ未成年じゃね?そんなことを言いながら、大人への微かな期待と憧れ、そして知らないふりを気がつかないふりをしながら恐れを退け、ただその時を楽しんだあの昼。


「なあ。飲み物を買うんじゃないのか?」
「だから飲みものっしょ?コレ」
そういいながらアッキーが笑う。いや飲み物って飲み物なんだがそれって世間一般にはお酒って言うんですが・・・君、未成年でしょ?
そもそも最初の話では飲み物(もちろんソフトドリンク)が無くなったから買いに行く。そういうことだったはず・・・でもアッキー曰く「ここは何でも安くていいんですよね~」と連れて行かれたリカーディスカウントショップ。確かに飲み物は安いし、ソフトドリンク(私はアクエリアスが飲みたかった)も安かったが・・・結局買い物の中心はいつの間にかお酒になっていた。
「だってコレ見てよ。ボジョレーなんて解禁日には3000円は当たり前!みたいな顔をして売ってるし。それが今なら1000円もしないでどんなランクも選び放題。俺は世の中の初物をありがたがる奴らの考えなんて分からないね~」
その気持ちも分からなくないけど、1,2,3,4・・・しかもボジョレー以外も入ってるぞ。
「今日は酒盛り!決まりね。」
あ~ハイハイ、家主の意向には逆らえません。



脆弱性
2007年 03月 18日 (日) 22:35 | 編集
最近脆弱性が・・・
パッチを当てないと・・・

という言葉をよく聞くのでどこかで何かが攻撃されているのか?やら、なにかホールでも見つかって大問題!?やら思っていたのですが、確かに、攻撃されていて、ホールがあって大問題でした。
時が枯れて身が干上がる
2007年 03月 17日 (土) 22:02 | 編集
第四夜。本はそれを武器として行使し始める。

不思議なもので本を読んでいるときは時は本当にゆっくり過ぎていく。あっという間に過ぎていくのではなくゆっくりと。どんなに没頭していてもその時間の流れは緩やかだ。

逆にあるいは不要な、又は無用な行為は時間をあっという間に奪い取っていく。たとえばそれはTVだったり、インターネットだったりする。それらは確実に奪っていく。誰も気がつかない。

今回は上下巻に分かれているうちの上巻。

サウンドトラック〈上〉
サウンドトラック〈上〉古川 日出男

おすすめ平均
stars衝撃は1ページ目から

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫化の際に分かれたものだけれど、デザインはよりとっつきやすくなっている。もちろん私は借りる直前まで知らなかったのだけれど。田島昭宇の透けた線と色に好感を抱く年頃だから仕方がない。
ディープ・ダイブ、ディープ・スカイ
2007年 03月 16日 (金) 21:43 | 編集
―ほら、そこに空があるよ・・・

幼い頃いつも一緒だった幼馴染が空を見上げながらそう呟いていたのを思い出す。あぁ、本当だね・・・空があるよ。深い底に沈みながら見上げた水面はあの時みた空そのものだった。小さな魚が群れをなし、鳥のように渡るのを見届けてからゆっくりと瞳を閉じた。


「ありがとうございました~。」
音がこもった独特の響きを持っている。何していたんだっけ、というのがまず最初に頭に浮かんだこと、次に考えたのは視界の端に移る人影をみてあれは誰だろう、と。そして最後にここはどこだ?そう思って声を出そうとしたが何も言うことは出来なかった。
「お、気がついた。生きてるか~?」
上から声が近づいてくる。顔も。黒く日焼けした肌はどこか異国を思わせる。微かに海の香りがした。それにしても顔、近いぞ。
「まあ、アレだ。何があったのかはこの際聞かない。人には事情ってモンがあるからな。でも遠慮すんなよ?ゆっくりしていけ。」
こっちは何も言っていないのに、勝手にベラベラと訳の分からないことを言っている。腹が空いたら言えだとか、俺の名前は「コウダ アキラ」だとか、でも皆からはアッキーと呼ばれているからそう呼べだとか。
「お・・・」
「何?どうした?何かして欲しいことでもあるか?」
「・・・トイレ」
コウダ、いやアッキーはにやっと笑って動けない私に向かってこういった。
「廊下に出て右奥だ。歩けるか?」
やけに楽しそうな顔。なんかコイツむかつく。

散文的に、でもそれが芽となり花が咲く。
2007年 03月 15日 (木) 23:52 | 編集
第三夜。続けて読む本はこれ。

gift
gift古川 日出男

おすすめ平均
starsふと読み返したくなる物語たち
stars古川日出男の
stars不思議な本です
stars不思議な読後感。
stars想像のタネを膨らませた、不思議で奇妙な味のする掌編集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


普段の本がしっとりとしたケーキならこれはクラッカー。クリームチーズをつけてどうぞ。
ハルキ的
2007年 03月 15日 (木) 23:48 | 編集
本と共に過ごす夜第二夜~適当に。

私は多くの著者を知らないので(覚えないから)何を読もうと考えたときに、ジャケットというか表紙の絵や禁断のあとがきや、最後のクライマックスの文章や、逆に最初の導入部分とか・・・。そんなところを手がかりに選んだりします、が、今回は前に読んで面白そうな人だな~と思っていた古川日出男(ちなみに前読んだのは13)。

今回は薄くてすぐに読めそうだったからこれから手始めに。

二〇〇二年のスロウ・ボート
二〇〇二年のスロウ・ボート古川 日出男

おすすめ平均
stars最強のカヴァー文学
stars古川作品の入り口にお薦めします

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

合格すればご褒美があるかもしれな
2007年 03月 14日 (水) 19:59 | 編集
もし合格したならささやかなプレゼントをあげようと思います。

第一候補はやっぱり雪…かな。
第二候補は海岸線に沿ってそれより南に本と共に下った彼の地に行くか。

駄目だったら勉強のし直し。追試です…
やりたい事はやるべきことをやってから。
2007年 03月 12日 (月) 20:28 | 編集
さて今日も勉強の一日・・・のはずが、気がついたらもう夜やん!

仕方がないのでこれからまじめに勉強します・・・
こんなんで試験受かるんやろか。
読書週間一夜目
2007年 03月 12日 (月) 00:33 | 編集
今回読むのはこの本。借りてくる図書館にはあまり種類がないので必然的に選択の幅が限られるのだけれど、とにかく何も考えずにポイポイ選んでみた。まずは一冊目。雲を眼下に青紫空のカバーが美しい本。

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life
フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life森 博嗣

おすすめ平均
starsフラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life
stars死を詩で織りなす彼ら
stars綺麗
stars詩的で独特の世界
stars森氏の世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



面白いかな?
メモリ
2007年 03月 09日 (金) 23:50 | 編集
データの移動に必要そうなのでサクッと買ってみた(のを思い出した)。
8GB。あぁ速い。後悔も。
何気にHDDより遅い気がしたけどノートなら速いと感じる。
200倍速は出てない気がするけど。

大は小を兼ねると言うことで。

考えてみたらフラッシュメモリ系は安いし小型だし、デジカメのバックアップとか難しいこと考えないで、買い足していけばいいような気がしてきた。

ダイブが先延ばしにされてどーでも良くなってきたですよ?

USBフラッシュメモリ CUFD-4G
B000KG5FK4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

買ったのは↑のH8Gというのです。外見はこれとは違いシルバーのアルミっぽいもので上の写真よりはかっこいいと思う・・・
ヌイグルミ
2007年 03月 09日 (金) 17:49 | 編集
ペンギンのヌイグルミの写真を見たんですが、どう見ても

ナマケモノ

にしか見えなくて、本物がみたくなりました。一応オーストラリアに行けばペンギンは見られるそうです。近くの動物園でもよさそうですが。旭山とか?
中身のない空っぽの
2007年 03月 08日 (木) 19:44 | 編集
頭の中に知識を詰め込む。
詰め込むだけ詰め込んだらその部分だけちゃんと成果は出ていた。

しかし余りにも差がありすぎる。環境にいかに左右されるかそれを再認識した。

美味しいキャベツの食べ方と、マンゴーの食べ方が知りたい。

まだ足りないな~。
春休み!
2007年 03月 08日 (木) 08:34 | 編集
予定では明日から春休み!
途中散発的にやることはあるけれど(試験とか)、それ以外はどこに行っても何をしても自由。

一日中ねてようかw
敏感
2007年 03月 07日 (水) 18:50 | 編集
花粉には敏感ではない私もハウスダスト?(埃っぽい所)には敏感。

しかしそれよりもはるかに敏感なものが私にはある。

季節、これだけはどうしようもないほどの影響を受けてしまう。
年に一度はおかしくなるし、壊れるし、特に春は眠くて仕方がない。いつも眠いのは確かなのだけれど、それ以上に睡魔が襲ってくる。午前は全滅、午後も夕方までもたない。かなり気を張らないといけないので、そのせいでますます眠くなるというスパイラルになる。

気を抜くと所構わず、立っていても意識がなくなる。そんな訳で日常生活に支障が出てきた。今の所解決法は何かをし続ける事、しかもなるべく体を使うこと。ひたすら食べ続けるというのでも良いみたい。

体は疲れてないのに…

沖縄
2007年 03月 06日 (火) 21:04 | 編集
沖縄にいます。

テンションの調整
2007年 03月 05日 (月) 22:51 | 編集
ここ数日テンションの調整機能を外したので今日はずっとLow mode。
明日から普通に戻すべく、荷物の整理を突如はじめる。


次の行き先を一時間も考えた末に決意する。行き方だけを決めたのでその他諸々のことはこれから決めるので、明日から二つのことを同時にこなすのは大変そう。

パスポートは無期限。
人生は有限。
資金は有限。
時間も有限。

忘れてしまっているやりたいことを年単位でじっくりとこなすことにしました。そうすれば旅を続けながら少しづつお金をためて次の目的地にたどり着ける。とまるところなどは安いところがたくさんあるし(ドミトリーで検索)、海外はYHでなんとかなる。

あとは覚悟だけ。自由に生きるなら、それを容認しない社会での不利益は覚悟すべきで、それが出来ないのなら大人しく歯車になっていなさい。歯車であり続ければそれなりの恩恵も地位も暖かい食事も家も与えられる。

何かと考えさせらる週末であったけど(主に反省)、友人たちの考えというか嗜好が分かったことは大きな収穫。なんとなく思っていたことの裏が取れるってすごい。





心配事が二つ。ひとつは支出に収入が追いついておらず、今年度中にはっきりと暗転するかもしれないということ(奇跡を待つ意外に方法がない)。
働くことを少しは真剣に考えなければならないということ。それでも私は魂まで売るつもりはない。


不安はないといったら嘘になるけれど、MAXまでテンションを上げるその日まで力をためていこう。もし成し遂げられたなら最高だと思う。
なぜか暗い要素しかないのに明るい未来しか思い描けないのは唯一の救いだ。
【古都】そうだ旅に出よう【京都】
2007年 03月 05日 (月) 00:48 | 編集
タイトルに深い意味はないですw
ちょっとそれっぽくしたら書いてて自分楽しくなれるかな~と。
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。