色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くまのプーさん
2006年 08月 31日 (木) 17:27 | 編集
20060831172754
蜂蜜は好きですか?私は好きです。
そんなわけで蜂蜜を集めてみました。ドーンと七種類。

左から山桜、とち、百花、あかしや、白つめ草、れんげ、そばの蜂蜜です。蜂蜜は花の開花時期に上手く合わせてこういった沢山の種類が作れます。
種類が違う為、色も味も異なります。お昼にあかしやまで味見してみたのですが、百花はさっぱりとした味わい、山桜はそれと比べて濃厚です。
そばの蜂蜜はどんな味がするのか楽しみです。

今はヨーグルトに入れたりパンに塗ったりして食べてます。
他に美味しい蜂蜜の食べ方ありますか?
≫ "くまのプーさん" の続きを読む...
スポンサーサイト
だだちゃ豆のマーチ
2006年 08月 31日 (木) 16:11 | 編集
なすと同様、たくさんあるものとして最近枝豆~特にだだちゃ豆~が冷蔵庫で幅を利かせています(実際には部屋にもあるので(しかも枝付)かなりのボリューム・・・はやく調理しないとまずいのでは・・・)。

こちらも毎日毎日食べています。世の中のお父さんなら「枝豆!ビール!」と大喜びこの上ないことですが、こちらは
朝:気が付けばだだちゃ豆
昼:手を伸ばせばだだちゃ豆
夜:何はともあれだだちゃ豆
と、こんな具合で(ビール無し)いつ飽きても不思議ではない状態です。しかしまだたくさんある枝豆・・・一回に結構な量を食べるのですが、それでもなくなる気配が・・・

だだちゃ豆なのでずんだにするとか色々と応用が利きそうですが、なすでいっぱいいっぱいなので枝豆は茹でたものをそのまま食べています。もっともこれが一番美味しく楽な食べ方なのかな・・・
あとは枝豆ご飯。これは美味しい。簡単。手軽。

そんなわけで枝豆もデスマーチを奏でるのでした・・・
ナス・なす・茄子
2006年 08月 31日 (木) 16:02 | 編集
ここ最近は茄子ばかり食べています。
さっきも昨日の残り物の茄子の天ぷらを食べていたところです。

どうしてこのようなナス漬けの日々を送っているかと言えば単純に大量の茄子が手に入ったから。しかも量が半端ではなく30本とか40本とかそんな感じ。そういうわけで茄子料理をずーっと食べているわけです。

もちろん作るのは自分なので茄子料理のレパートリー不足に悩んでいます。茄子焼きは簡単手軽なのですが、天ぷら、そして今日は茄子の煮浸し。後が続きません。どうしよう。
中華に目をやれば茄子のレシピはたくさんありそうです。麻婆茄子は有名ですね。イタリアンでもいけそう。トマトとあわせると美味しそうです。和風ならお浸しや味噌と合わせて食べるのが定番でしょうか。

それでも持って4日くらい。全然足りないです・・・あとはどんな茄子料理にしようかなぁ。そんなわけで困った時は「お隣の晩御飯」。+飴と鞭とわがままな私+ の「うちのごはん」を参考にして頑張ってみます。

なすが終われば次はかぼちゃのデスマーチ・・・
DSR-281とwzero3[es]
2006年 08月 30日 (水) 20:22 | 編集
DSR-281とwzero3[es]の情報が全くといっていいほど無いのはそもそもDSR-281を持っている人が少ないからだろうか・・・

以下色々試して分かったこと。
・DSRをesからストレージとして認識させるためにはACアダプタは必須っぽい(多分駆動するための電源容量をesからだけでは足りないから)。
・ストレージとカードリーダは排他利用。SDなどのメモカを挿しているとストレージとしてではなくリーダとして機能する。
・認識手順(不完全)。esは電源を落とし、DSRはACアダプタを接続し電源ONの状態で待機(まだUSBケーブルは繋がない)。esを起動した後、DSRとesをUSBケーブルで接続。これで認識(うまく行かない場合はリセットしたり数回試してみる。今のところ90%位の確率で成功?)

ACアダプタ(DSR)が必要なこと以外は良好。これで外付けのHDDとして機能でき、バックアップの内容を編集できるし、名前の変更も簡単。欲を言えば、カードリーダの機能を同時に利用できれば、DSRのちょっと見難い液晶画面を見ないで楽々データの移動が出来たのに・・・(DSRはロングファイル名の表示が出来ない)
あとは、DSRの自動電源OFF機能が勝手に働いて何もしないと最長で3分しか動きません・・・この機能は便利だと思っていたけど、こうして使うと不便です。どうにかならないのかな?それとも私の環境だけ?

90%と書いていますがほぼ100%これでOKです・・・只今迷わんのデータを閲覧中。こう考えてみると、
・迷わん
・DSR-281
・wzero3[es]
・LUMIX FX7
・PSP
とesとDSRを中心にうまく全てのデータが使えるようになりました。こうなればesのPSPとか迷わんのアプリが充実すれば・・・ってそれはないかな。
こそっとメモ
2006年 08月 30日 (水) 19:03 | 編集
FairUse4WM
http://www.engadget.com/2006/08/25/fairuse4wm-strips-windows-media-drm/

なぜヒトはFairに惹かれるのか?何でだろうね?

wzero3[es]のソフトウェアの情報。色々あって面白そう。いつかまとめないと自分が何を入れたのか忘れそうです。
http://w-zero3.org/?FrontPage
情報とか。
http://kamo.pos.to/dpoke/
なんとなく。
http://d.hatena.ne.jp/tosik/
http://kim4649.blog58.fc2.com/
http://y-room.seesaa.net/
http://d.hatena.ne.jp/solipt/
http://www.geocities.co.jp/w_zero3_user/
http://mobachiki.com/windowsce/zero/
http://w-zero3tips.seesaa.net/
http://plaza.rakuten.co.jp/takeoo/

現在の通信・デジカメ周りの状況
2006年 08月 30日 (水) 12:03 | 編集
w-zero3[es]

現在使用しているPHS。機種変更後のもの。大きさは前モデルに比べて一回り小さくなりようやく携帯できるかな?という大きさに。形もより携帯らしくなりました。
デザインは少し高級感を出すようにしているのかな?メッキの部分が美しい。

これとデジカメのLUMIX FX7、DSR-281を合わせて使っています。FX01からは[es]と直接繋いで写真データやり取りができるのですがFX7は・・・できました!PTPモードだと駄目でPCモードだとOKです。最初はそこが分からず「出来ない~!」と悩んでましたw
ちなみにFX7のSDは2GBまで。モードに星空が無いので前回の天の川は写真が撮れませんでした(シャッタースピードを8秒より遅く出来ないため星がほとんど写らない)。
DSR-281に付属のUSB OTGのケーブルがそのままzero3[es]のケーブルとして利用できて◎。DSR-281もリーダーとして使用できます。内蔵のHDDの方はうまく認識できないみたいです。これが認識されればすごく使えるのですが・・・(マスストレージクラスのはずなので認識しても良さそうですが、何が引っ掛っているのか良く分かりません)。
ちなみに逆にしても駄目でした(DSRがホスト、[es]がストレージ。多分レジストリを弄ってモードをストレージにすればOK?)。

ともかくDSR-281はリーダーとしても使え、付属のケーブルまで余すことなく利用できとてもよい買い物をしたなぁとしみじみ思います。

これからはw-zero3[es]とFX7、DSR-281のペアでガンガン使っていきたいと思います。PCいらずでとても便利です。
バージョンアップ後
2006年 08月 29日 (火) 19:06 | 編集
投稿テスト。

モブログテスト
2006年 08月 29日 (火) 18:25 | 編集
写真を送るテスト
箱庭
2006年 08月 29日 (火) 15:45 | 編集
園内の風景


眩しい光を抜けると旅の始まり
木々のトンネルをくぐればそこは憩いに満ちて
残暑がゆっくりと過ぎていく午後
忘れ去られた時間を探しに

新しく変えたばかりのPHSで撮った写真は思いのほか良く撮れていました。
加工なんて全く出来ないけれど、とても柔らかく仕上がっているように感じます。
メモリを追加し沢山写真を撮っても大丈夫なようにしました。問題はバッテリーがあまり持たない事でしょうか。
これからは写真付きのブログが書けそうです。

高い授業料
2006年 08月 28日 (月) 22:20 | 編集
保険かけておけば…なんて思いましたが、いつかこんな日が来るのを覚悟していたので、まあいっか。

今回の旅は少しばかり高くつきました。
なぜかデジカメの備品を無くし、お金を余計に払うことになり、なんだかついてないようなついているような。

そんなわけで今日はお祝いW
2006年 08月 27日 (日) 07:51 | 編集
涼しい朝
髪を撫でる潮風
軽やかな波の音

日に背を向けたたずむ人々
島に届けられる願い
巡礼者

名もない貝殻の奏でる幻の景色
薄いピンクに包まれた景色


砂浜に佇むモノ
何もせずに海ばかりを見つめては
打ち上げられた時を思い出す
手に残された一対の合わせ貝

その姿に恋をした人間
話し掛けに無言で頷き
静かに沖にある島を指す

想いを告げようとしたある日
貝殻の片割れを渡される
世界にたった一つの合わせ貝
何故と尋ねても静かに首を振り
優しく笑うだけ

翌朝浜に逢いに行くと
誰もいない
後に残された足跡
白い帯

手には逢わせ貝

日が暮れても海を見続けていた
指差す先には霞む島影
決してたどり着けない幻

幾漠もの星の下
足跡を重ねて人間は歩き出す
貝を耳に当て静かに歩き出す
もう一つの貝殻を探しに

そんな物語を奏でる潮騒
煌めき
2006年 08月 27日 (日) 00:57 | 編集
煌めきがそこにある
瞬きが永遠を一瞬に閉じ込めて
壊れた瞳に届けてくれる

煌めきは声
川の流れを教えよう
白い砂の小さな川

輝きは詩
点と点を結んで物語を聴かせよう
妖精の小さな物語

瞬きは囁き
静かな夜にそっと心の扉を敲こう
蒼い空の小さな扉

誰も知らない
たった一人
誰もが知っている
誰も見上げようとしない小さな花火
華々しい輝きも
響く旋律も持たないけれど
見上げる人だけに届ける
過ぎ去った旋律
忘れかけた過去と未来
天の川
2006年 08月 27日 (日) 00:09 | 編集
花火を見ていたときから決めていたこと。

「この天気なら星が良く見える」

みんな帰ることに夢中だけど、上を見上げれば満天の星空。

今日は星の詩を聴きながら眠りに就きます・・・
花火終了
2006年 08月 26日 (土) 23:15 | 編集
花火にも流行り廃りがあるらしい。
一人で観るかな?と思っていた花火は二人で観る楽しい時間になりました。
携帯の電波の状態が悪い中何とか合流に成功。

今は帰りの電車に乗るためにネズミーランドもびっくりの長蛇の列に並んでいます。
乗る人数と電車の数が明らかに合いません・・・こんな所で満員電車に遭うとは。
なんか皆さんかなり苛々しています。東京なら普通の事も此処では非日常。今日中には帰れなそうだね。

そんな訳で花火の感想。さすが土浦と並ぶ花火競技会。とても綺麗にまとまっていて凄く楽しめます。
初めてだったのは二つ。昼花火があることと、提供の会社の宣伝花火が上がること。これがなかなか面白い。昼花火はここでしか観られないので是非みたいところ。しかしこれを観るには少し早く会場にくる必要があります。始まるのは夕方ですが混むので少しだけ早めに。あまり早く来ると私みたいに熱中症と闘わなくてはいけません(私は五時間強待ちました。倒れるかと思った)。また大会提供の花火は圧巻。大曲の花火の中で1番スケールが大きい!これを観たら帰ってしまう人もいるそう(いました)。

帰り道で名物のババヘラアイスを食べて私の花火見物は終了です。
・・・つーか、電車を並ぶ列で煙草なんか吸うな。もとい吸わないで欲しい。混雑していて危ない上に煙を避けることが出来ません。吸うなら端へいって下さい、マジで。
このへんのマナーが悪いのは若い人より中年とかのおじさん達。彼等は禁煙の考えが浸透する前の世代。
昼花火
2006年 08月 26日 (土) 17:09 | 編集
すごい!
夕陽をバックにきらきら輝く光の演舞。
ちゃんと光って見える不思議な花火。
ここでしか見られない特別な花火。色の着いた煙でも演出。

不思議な感じ。
大曲花火大会~会場到着まで~
2006年 08月 26日 (土) 12:18 | 編集
朝早く起きて会場の周辺来たのは8時過ぎ。
一旦庁舎の臨時駐車場に車をおき、ここからは電車。しかしなにを考えたか反対方向
の電車に乗り秋田まで行ってしまう(笑)
気を取り直して再度大曲へ。無事に着いて会場に向かう。まだお昼前なのに駅は混雑
していた。
会場までは徒歩20分くらい。着いたら自由観覧場所は八割が埋まっていた。
適当な場所にシートを敷き後は始まるのを待つだけ。

陽射しが強いので熱中症に注意です。私は今から倒れそう・・・
2006年 08月 26日 (土) 09:18 | 編集
続く蒼い道
走り続けるその先に
風がある
緩やかな丘を登り
辺りを見渡せば
眼下に広がる静かな海

海鳴りはもう聞こえない
ゆっくりと風が流れて
体を撫でる
夏の気配は次第に遠のき
秋の優しさが包み込む

大胆にセクシーに
2006年 08月 25日 (金) 17:42 | 編集
お土産を買うコツがある。
譲れない想いがある。
だから大胆に揃えて、セクシーに選ぶ。

楽しくいきたいなら妥協はしないw
お土産一杯になれるかな。
2006年 08月 25日 (金) 13:50 | 編集
久しぶりに海沿いの町をドライブできる♪

というわけで暫く旅に出ます。
一箇所に留まるのは苦手。どこまでも流れて行くのが一番あってる。
慰安旅行
2006年 08月 25日 (金) 09:00 | 編集
になる筈なのですがなんだか滅茶苦茶混むらしいので疲れてしまうかもしれない。

そんな事を考え、詩ウタイの歌を口ずさみながら今月の食費について考察・・・
もうちょっとうまく抑えられると思ったのだけれどなかなかうまくいかないもの。今月の残りは5000円以内に抑えたいものです。

週末はのんびり休んでよ・・・リフレッシュ休暇なのだから。
お休みします。
2006年 08月 24日 (木) 19:35 | 編集
今のトレンドが分かるかな~?と思って左側に広告を載せてみたけど、いつまでたってもなかなか変わらないし、キーワードと連動してくれないし、結局使えない機能ということで消してみたら少しスッキリした。

最近ジョギングのスランプでどうにも上手くいかない・・・
少し疲れている感じはするけれど、今ココで立ち止まるわけには行かないし、そもそも止まれない。
膝の故障は無くなり調子がいいはずなのだけれども、上昇している感じがしない。

やっぱりココは徹底してほかの事に目を向けるか、遊ぶか、休むかしたほうが良さそう。と、昨日の筋トレで思ったのでした。スランプというほどではないけれども気分転換をしないのはよくないと思う。
血の成分
2006年 08月 24日 (木) 19:11 | 編集
献血をしたので血の分析結果が出ました。
血液型は・・・言わなくても分かるので割愛。

生化学検査と血球計数検査の二種類結果が出たのですが、一応標準値に収まっています・・・が大事なのはどの値が上昇or下降しているかなので、詳しく見てみると・・・なんだか内蔵によくない兆しが出ています。
もともとお酒を飲むと「あ~、今日も一回殺っちゃった・・・」と思うわけですが、漠然とした感覚も馬鹿に出来ないな・・・と。
もう、お酒も煙草も絶対駄目なんだな・・・そう思うと料理の幅が狭くなっちゃうな・・・(煙草は料理に関係ないからいいですが)

未成年はお酒と煙草をやっちゃ駄目なのです。
考え事
2006年 08月 24日 (木) 19:00 | 編集
「未来」なんて考えた事は無い。
今を知っている人達に会う前に既に忘れているみたい。
だから夢ばかり見ていたのでしょう。

---
花火に行こうと「奴」が囁く。
70万人も車で移動するような混沌の中に何を求めるのか。
心の中で響く笑い声。
懐かしいけど
もう二度とは目にする事が出来ないあの日の「奴」。
---

ぐるぐる同じところを回って考えているのですが、どうにも自分を偽る事が出来なくて苦労します。嘘をつき、騙し、必要があれば裏切ればそれで事足りるはずなのですが、それすらうまく出来ません。
御伽噺の世界ではなく「リアル」がそうだから「そのように」考えると社会に適合できるのですが「こっちの」社会に適合すると「向こう側」にはもう戻れないようなそんな気もします。



なんの話をしているかといえば、詩人になるかならないか、作家になるかならないか、画家になるかならないか、そんなところです。
多分最近写真の掲載が出来なくて何か軽くつまっているのだと思います。言葉だけでは足りないけれど・・・実際にはとても難しい・・・
常々思うこと
2006年 08月 24日 (木) 10:06 | 編集
争いは今も続いているとか
自然は美しいだとか
清潔至上主義とか
幸せを願うこととか

そんな事がどうでもよくなる刺激が欲しい
触れたら火傷するだけでは済まない
そんな鋭い快感を

身を切り刻み
炎に焼かれ
心をズタズタにする
広大な景色を

でも今は
少しヌル目の
そんな風の中が好き
刺激に溢れた魅力的な石の都はまだ早い
食べ納め
2006年 08月 23日 (水) 21:18 | 編集
多分これが今年最後の西瓜。

甘くて大きくて美味しい。少し熟れきれていない私みたいな野菜。

今日のお昼は遊びに来た友人と屋外で七輪パーティー。

魚を焼いて野菜を食べて少しアルコールをもらって。
もう大分下戸になったと思います。一舐めでダウン?

駅まで歩いて送り出しひたすらのんびりする一日。ゲーセンにいったり。バーチャファイターを初めて?やってみる。格ゲーはほとんどやらないけど案外楽しめた!色々助けて貰い挑戦者を退け8ラウンドまで行けた。

あとはこれで朝もう少しのんびり出来たらいいんだけど。

久しぶりにもじぴったんにハマるも、早速つまる。
波打ち際
2006年 08月 23日 (水) 09:57 | 編集
目覚めと眠り
その反復を繰り返しながら
夢の螺旋を廻る

果てなく打ち寄せる現実に
押し流されるような感覚
つまらない過去
見えない未来
手応えのない今
全てが幻だったら
いつか君が言った言葉を思い出す
足元には君のための十字架

忘れないで
そう微笑み
ナイフを遺して消えた君

忘れない
忘れられた日々を
曇り後星
2006年 08月 23日 (水) 08:21 | 編集
一面の曇空
隙間さえない灰色綿の向こう
見えないはずの星をみる

いつでも在ることは知っている
しかしちょっとしたことですぐに見失う
失っては探して
忘れては憶い出して

それを螺旋のように繰り返しながら
鏡に映る月を観る

今は忘れていても
その手が
目が
体が
きっと憶えている

月から降りるその糸は
細く銀色、のクモの糸
自分ではない誰か
2006年 08月 23日 (水) 06:54 | 編集
私に出来ることは限られている。
万能ではない。
やれるだけ精一杯やったなら
あとは本当に求められている人に委ねよう。

私には出来ない何かを
私の知らない何かを
誰かなら持っている。

分かってくれないと嘆いているばかりじゃ
明日は見えてこない。
低脂肪ヨーグルト
2006年 08月 22日 (火) 07:18 | 編集
以前、加工乳は自家製ヨーグルトには向かない。なんて話を聞いたことがあったけど
ちゃんと作れました。

酸味は強めだけど、ちゃんとヨーグルト。

今日の昼食について考えてみる。基本的に欠食児童が集まるから、栄養を考えてみよ
うか・・・

そんな事を考えながら、今日は何があるんだろう?と朝の電車に乗り込む。

ちょっとは頑張ってみるか・・・
心を通わせる
2006年 08月 21日 (月) 21:38 | 編集
バイクでも車でも、私が特に重視していること。
心を通わせること。

バイクの癖や挙動を体で感じて徐々に相方のことがちょっと分かってきたみたい。
どういう風にエンジンを回せばよいか、どんなブレーキングだと素直な反応になるか。
そんな事を考えながらのんびり夜のドライブ。

明後日からはブレッドの朝食を。
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。