色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友達にお礼
2005年 11月 28日 (月) 21:33 | 編集
リンクに張ってある友達の所にお世話になっていたのですが、
日曜日まで一緒に遊んでくれてとっても感謝。
彼女との約束があったはずであるのに全く起きない私を
見捨てないでいてくれた友達は偉大です。

まずはここまで。
スポンサーサイト
ZZR250容態急変
2005年 11月 21日 (月) 19:29 | 編集
ZZR250外に出しっぱなしじゃいけないよね…
寒くなるし雪降るし、車庫の中に入れておいてあげよう。
そう思ってセンタースタンドを外し前に進めようとしたら

・・・動かない。
・・・いくら押しても動かない。

あれ?と思い直してまたスタンドを立ててみる。

後ろのタイヤを手で回してみると、動かない。
正確には少しだけ動いて「ガキッ」ととまる。

リアのシャフト自体は問題なさそうです。
・・・フロント・スプロケの中が非常に怪しい。
これはスプロケを整備しないとこのままこのバイクは
一生動かないことになります。

ギヤがおかしいのかな…クラッチ?どこがどう悪いのか
もともと動かないバイクだけに見当がつきません。
いや、正確には色々ありすぎてわかりません。


エンジン内部にまで手を入れるとなると初めてバイクを
直す素人にはかなり無理な注文になってしまいます。
そうなったら、金額を見てショップに任せるor処分
ということになります。
9月の後半の時点では動いていたので錆びて固着か
寒さで固着かのどちらかだとは思うのですが…

無理にまわそうとすれば少しだけ進んで止まる。
進んで止まる、と後輪は徐々に回転しますが、
とてもバイクを押して歩ける状態ではありません。
(センタースタンド立てて手で後輪を回す)
とにかく何か引っかかっている感じがして後輪回りません。

原因がわからないまま約2週間もバイクから離れる(当然外に
出しっぱなし)のはつらいですが、その間に友達と話して
考え付く原因とその答えを見つけようと思います。

有識者の方からアドバイスもらえるのが一番良いのですが、
まだ何も触ってない時点でそれを期待するのは虫がいいというもの。
試行錯誤してやっぱりわからないから助けて~というのが
筋でしょうか。
まずはネットで似たような症例がないか調べてみます…


これからの時期外に置きっぱなし&外で整備なんて絶望的な
シチュエーションです…
なかなかつらいものがある
2005年 11月 12日 (土) 23:09 | 編集
インターネットを何日できないでいるか試して見たところ
「一日」ということが判明。実験一回目なのでまだ確定は
出来ません。


最近困ったことは、とあるところからDVDRAMを渡されて
「この中身が見たい、けど見れない。なんで?」
という質問が。最初はドライブがRAM対応じゃないんじゃ…
とも思ったが中身を確認。ん~ファイルはあるけど
焼き面の容量から想定できる容量と実際にファイルの表示容量が
すごく違ってる…

色々やり取りした結果、このRAM、とある人に番組を録画して
もらったものだそうです。
気がついた人はもうお分かりですよね。そう「CPRM」。
初めて現物を見ました。そっか~、コレがあの噂に聞く
一回しかコピーできないとか移動しか出来ないとか対応している
ハード&ソフトがないと駄目駄目な奴か…

ここは素直に対応のハードとソフトを紹介するしかないね…

ウチの環境ではハードOK、ソフトギリギリ駄目。PowerDVD「デジタル対応」
の一歩手前だった…もっとも今の環境だとPCでCPRMのDVD
見ることなんて無いからいいんだけど…(今回を除く)

地上波デジタルに切り替わる頃にはこんな問題起こらないんだろうけど
今だからこんなこと起こるんだろうな…
トラックバック
2005年 11月 05日 (土) 23:53 | 編集
トラックバックの使い方を今日はじめて知った。
(ちゃんとした意味とかマナーとかも)

いままで、トラックバック一度も使ったこと無いのは
そういう事情から。

機会があれば使ってみよう。

分野的(職業的にも)にPC・インターネット関連に
ちょっと詳しそうに思われるけど実際はそれほどでも
無いどころか興味がないとまったく知らなかったり
するので注意しないといけない今日この頃。
まったく出来ないわけではないけど、私的にはもっと
アナログな泥臭いことのほうが好きです。多分。

遊びで使う分にはいいけど、仕事で使うのは…ちょっと興味がないと
つらいかも。
「ICO」と「ワンダと巨像」
2005年 11月 03日 (木) 22:10 | 編集
どちらも同じチームが作った作品。
私の中ではもっとも思い出の詰まった作品です。

「ICO」が発売された当初私は自分の専門(数学)そっちのけで
芸術分野へ行きそこの研究室に入り3DCG制作のお手伝いをしてました。
そこの研究室でお世話になった院生の方のページ(今は卒業してます)

http://www.ebicream.com/

ここには「IQOを作った男達」とい題名のちょっとした開発秘話っぽいもの
があります。本当かどうかはこの際おいといて。

さて、ワンダと巨像。期待通りの出来となっているようです。
私もやりたいのですが、以前ここにも書いたようにPS2を妹にあげてしまったので、
ICOすらプレイできません。

PSPでいつの日かプレイできることを夢見てまってます。
もっとも私はICOを一度しかやったことなく、もっぱらそのCGや
ゲーム性、ストーリ性だけに当時は注目してました。

この研究室で過ごして日々はとても楽しいものでした。
大体2年間ぐらい?でしょうか。
国際会議場でのアニメーション展示に出した作品の中に
自分の名前が最後のスタッフロールにちょこっと出ているのが
とても印象的でした。

考えてみれば…
私にはこういった職業のほうが向いているのかもしれません。
気になる
2005年 11月 02日 (水) 23:28 | 編集
GyaO(ギャオ)がどうしても気になる。

映画とか音楽番組が無料で見られるのだから。
CMで成り立っているみたいだけど、一応放送期間があるようです。
時間は関係ないみたい。
つまりは時間を気にせず見られるけど一定期間しかやらない。
ってことなんですね…そうじゃないとドラマとか進まないし
仕方が無いのでしょうけど。
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。